주요 기사 바로가기

「のけ者」ロシアの外相が警告…「第3次世界大戦、破滅的な核戦争になるはず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.03 08:04
0
西側国家がロシアを攻撃すれば第3次世界大戦が始まり、これは破滅的な核戦争になると、ロシア外相がバイデン米大統領の関連発言に言及しながら警告した。

ロシアのRIAノーボスチ通信などによると、ラブロフ露外相は2日(現地時間)、アルジャジーラ放送のインタビューでこのように述べた。

これに先立ちバイデン大統領は先月26日、ロシアのウクライナ侵攻への対応について「我々には2種類の選択肢がある」とし「ロシアを物理的に攻撃して第3次世界大戦を始めるか、国際法を違反した国が代償を払うようにすることだ」と発言した。

ラブロフ外相はこの日のインタビューで、核戦争の可能性に関する質問に「それはバイデン大統領に問うのがよい」とし「彼(バイデン大統領)は『我々が制裁の道を行かなければ、代案は第3次世界大戦になるかもしれない』と述べた」と答えた。

ラブロフ外相はウクライナの核武装の可能性について「技術的な能力は備えている」としながらも「しかし我々はウクライナの核武装を容認しない」と強調した。

そしてロシアの今回の軍事作戦は、ウクライナの非武装化と核兵器保有予防のためのものだとも主張した。ラブロフ外相は「ロシアはウクライナが我々の安保を脅かす攻撃武器を確保することを許容しない」と繰り返した。

また、ウクライナがかつてドイツがしたようにナチス性向(極右民族主義性向)の人々を追放する、いわゆる「脱ナチス化」をすべきだとも主張した。

ラブロフ外相は西側のロシア制裁については「ロシアは制裁に対する準備をしたが、報道機関とスポーツ選手、文化界の人たちにまで制裁が加えられるとは予想できなかった」と述べた。続いて西側は新しい欧州安全保障体制の構築に関連したロシアとの協力を拒否したと批判した。さらに「我々の交渉代表は2回目の会談でウクライナ側が主張した安全保障について協議する準備ができている」と述べた。

これに先立ちラブロフ外相は1日、スイス・ジュネーブで開催された国連人権理事会高官級会議で録画映像による演説を行った。当時、ラブロフ外相の演説が始まると、会議場にいた約100人の外交官は集団退場し、ロシアのウクライナ侵攻を糾弾した。

一方、ウクライナとロシアの代表団は先月28日に続いて2回目の交渉を推進中だが、まだ具体的な会談日程に合意できない状況だ。一部では2日午後遅く交渉が行われるという見方もある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「のけ者」ロシアの外相が警告…「第3次世界大戦、破滅的な核戦争になるはず」

    2022.03.03 08:04
    뉴스 메뉴 보기
    ロシアのラブロフ外相
    TOP