주요 기사 바로가기

韓国の暗号資産時価総額55兆ウォン、10億ウォン以上保有の暗号資産富豪4000人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.02 10:21
0
韓国で取引される暗号資産の時価総額が昨年末基準で55兆2000億ウォン(約5兆2740億円)に上った。現代自動車の昨年末終値基準時価総額44兆6570億ウォンより大きい。実名認証を完了した利用者は558万人だ。暗号資産を10億ウォン相当以上保有する人は4000人だ。韓国の取引所に上場された暗号資産は1257種類だった。取引所間で重複上場された暗号資産を除くと623種類だ。

金融情報分析院(FIU)は1日、「21年度下半期暗号資産事業者実態調査結果」を発表した。政府次元で行われた初めての暗号資産関連実態調査だ。申告を完了した24の取引所を対象に進められた。このうちウォン建て取引が可能な取引所はアップビット、ビットサム、コインワン、コービットの4カ所だけで、残りの取引所は暗号資産間取引だけ可能だ。

昨年末基準で暗号資産取引所に登録した利用者数は1525万人(重複含む)と集計された。アップビットなどウォン建て市場利用者数が1340万人、暗号資産建て市場利用者数が186万人だ。ただ顧客確認義務を完了し実際に取引が可能な利用者は558万人だ。登録利用者の3人に1人となる36.6%だ。

年齢帯で見ると、30代が174万人で31%と最も多く、40代が148万人、20代以下が134万人などの順だ。特に30代男性加入者が121万人で最も多かった。男性加入者は67%の374万人で女性加入者184万人の倍に達した。

昨年下半期の韓国の暗号資産取引所の取引額は2073兆ウォンと集計された。昨年のKOSPIの年間取引代金3825兆ウォンの半分水準だ。1日平均取引額は11兆3000億ウォンだった。ただ暗号資産価格の下落などで今年に入ってからは取引額が大幅に減った。先月20日の1日取引額は4兆2000億ウォンと集計された。待機性資金の性格であるウォン建て預け金は昨年末基準7兆6400億ウォンを記録した。

暗号資産保有でも二極化が明確だった。取引可能利用者の56%に当たる313万人は口座に暗号資産保有額とウォン合わせて100万ウォン以下だけ保有していた。これに対し1000万ウォン以上の暗号資産を保有する利用者は15%の82万人だった。暗号資産を10億ウォン分以上保有する加入者は全加入者の0.1%水準の4000人となった。

昨年末基準で韓国国内の暗号資産時価総額は55兆2000億ウォンだ。取引所別の保有数に市場価格をかけて算出した数値だ。韓国で上場された時価総額上位10位の暗号資産のうち世界上位10位に含まれるのはビットコインとイーサリアム、リップル、エイダ、ソラナの5種類にすぎなかった。

韓国の取引所に上場された暗号資産は昨年末基準で1257種類だった。取引所間で重複上場された暗号資産を除くと623種類が現在取引されている。このうち特定の取引所だけで取引される単独上場暗号資産は403種類だった。

暗号資産取引所が昨年収めた営業利益は3兆3700億ウォンとなった。ウォン建て市場を運営する4大取引所が99.3%の3兆3350億ウォンを占めた。暗号資産建て取引所の平均手数料率は0.17%で、韓国取引所の株式売買手数料0.0027%の62倍水準だ。

FIU関係者は「今回の実態調査は国内仮想資産市場に対する初の調査結果という意味がある。今後半期別の実態調査を定期的に実施し、韓国の仮想資産市場に対するデータを蓄積していきたい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の暗号資産時価総額55兆ウォン、10億ウォン以上保有の暗号資産富豪4000人

    2022.03.02 10:21
    뉴스 메뉴 보기
    ビットコイン
    TOP