주요 기사 바로가기

トヨタ部品会社、サイバー攻撃で日本工場の稼働中断

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.03.01 08:28
0
トヨタ自動車が3月1日、日本国内のすべての工場の稼働を停止する。

NHKと共同通信などによると、トヨタは31日、日本国内14カ所の工場、28ラインの稼働を停止する。トヨタは今回の稼働停止について、部品供給会社の小島プレス工業のシステム障害のためだと発表した。

NHKは関係者を引用し「小島プレス工業がサイバー攻撃を受けた」とし「この攻撃によって部品の発注や受注に関するシステムに影響が広がっていて、トヨタとしては部品の調達に支障が出るおそれがあるため、全工場の稼働停止に踏み切ったものとみられる」と伝えた。

共同通信もトヨタの工場稼働停止について、小島プレス工業がサイバー攻撃を受けたのが原因とみられると報じた。

岸田文雄首相はトヨタの工場稼働停止について「政府として実態を確認させている」と述べ、ロシアとの関係を問われると「確認した上でなければ答えるのは難しい」と明らかにした。

トヨタは世界新車販売市場で昨年まで2年連続トップ。共同通信によると、3月1日の日本国内工場稼働停止による自動車生産台数の影響は1万3000台という。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP