주요 기사 바로가기

IOCも「ロシア五輪休戦協定違反」強力糾弾

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.25 13:06
0
国際オリンピック委員会(IOC)がウクライナを武力で侵攻したロシアに対して糾弾声明を発表した。

IOCは25日に公式ホームページを通じて「オリンピック(五輪)休戦協定に違反したロシア政府を強力に糾弾する」と発表した。

五輪期間休戦決議案は夏季・冬季五輪が開かれるたびに一種の慣例として出されてきた。国連加盟国が世界のスポーツ祭典の平和的開催のために大会期間を前後して戦争を禁じる内容の合意文を採択するという形だ。

今回の北京冬季五輪を控えて、昨年12月の国連総会で加盟193カ国の合意により五輪開幕(2月4日)の7日前からパラリンピック閉幕(3月13日)の7日後まで休戦期間として宣言された。

IOCは「ロシアが起こした侵略戦争によりウクライナ体育団体を含む五輪共同体の安全に対する懸念が高まっている」としながら「ウクライナ五輪共同体構成員に対する人道的支援が必要な場合に備えてタスクフォースチームを稼動する」と明らかにした。

IOCの糾弾声明は国際法上拘束力がないが、少なくともスポーツ世の中では一定の効力を発揮するものとみられる。最近国家が介入した組織的ドーピングが発覚して当面は五輪で国号や国歌、国旗などを使うことはできないロシアが国際スポーツ舞台で追加で制裁を受ける可能性がある。

ロシア国籍だけでなくロシアオリンピック委員会(ROC)の所属でも当面五輪を含む各種国際大会に出場できないようにするなどの後続措置が取られる可能性がある。ロシア選手団は2014年ソチ大会当時に集団的・組織的な禁止薬物の使用が発覚し、4年後の平昌(ピョンチャン)大会は「ロシア出身五輪選手団(OAR)」という名称で出場した。昨年の東京夏季五輪と最近幕を下ろした北京冬季五輪には「ロシアオリンピック委員会(ROC)」として出場していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP