주요 기사 바로가기

五輪閉幕の時まで口を閉じていた…中国の「鎖の母」によって明るみになった「醜悪な真実」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.24 07:42
0
中国江蘇省で先月末に見つかった鎖に繋がれた女性は農村人身売買によって売られてきた女性であることが分かった。中国当局は23日、「豊県8児出産女性」と名付けられたいわゆる「鎖の母」事件の捜査結果を発表した。今回の事件が中国14億人の公憤を買うと人身売買の事実を認めて関連公職者17人を処罰するなど世論の火消しに出た。だが、1980~90年代の中国農村に蔓延していた女性人身売買の実状を最後まで追及して事態を傍観・隠蔽していた公職者の責任を最後まで問うべきだという主張が相次いでいる。

今回の事件は先月26日、あるブロガーが江蘇省徐州市豊県のある板張りの粗末な家で鎖に首をつながれている女性の様子を撮影した映像をSNSに公開したことで明るみになった。女性の名前は楊さん(45)といい、楊さんの夫が彼女との間に8人の子どもがいると自慢する映像を該当のブロガーが追加で公開すると、怒りはさらに拡散した。

特に現地当局が民心を落ち着かせようと先月28日から10日までの間に4回発表した情報の辻褄が合わないことも当局に対する不信を大きくした。現地地方政府は楊さんに対する人身売買や誘拐はなかったと発表したが、今月10日になると一転して誘拐および人身売買を認めた。

17日に組織された江蘇省特別調査チームはこの日、「豊県8児出産女性」の楊さんが雲南省福貢県亜谷村出身の小花梅で、1977年5月13日生まれだと捜査結果で明らかにした。楊さんは過去に2度人身売買の被害を受けたことがあり、1998年6月から今の夫の董さんと同居を始めて8人の子女を出産した。当局は楊さんが統合失調症を患っていることが確認されたとし、現在医療機関で治療を受けていると明らかにした。

豊県検察は22日、董さんを虐待罪容疑で逮捕した。楊さんは1998年6月に董さんの父親が金を出して買ってきたことが明らかになった。捜査チームは豊県党書記の婁海氏を業務規律違反容疑で免職処分にし、豊県副書記兼県長の鄭春偉氏は党職免職と県長辞任を命ずるなど関係者17人を処罰した。

捜査チームはまた、これまでネット上で疑惑が提起されていた楊さんと董さんの結婚証明書写真の中の女性と楊さんは同一人物で、楊さんが四川省で失踪した女児の李瑩さんではないと明らかにした。

北京冬季五輪(オリンピック)閉幕を待って当局が捜査結果を発表したにもかかわらず、世論を落ち着かせるには不十分だという声もある。中華圏メディア「多維」は23日、1980~90年代に豊県が属している徐州市付近の人身売買組織の実状を隅々まで暴くように求めた。特に1989年に出版された、女性の人身売買の実態を告発した文学作品『古い罪』を指摘し、当時同市一帯で人身売買によって売られた女性だけでも数万人おり、タクシー運転手組織が道端で婦女子を拉致することが頻繁にあったと暴露した。

多維はこのような婦女子拉致が横行することになった理由と、人身売買を傍観したり犯罪をほう助・保護しりした基層役人や上級役人の職務遺棄を徹底的に追及するべきだと強調した。また、世界2位の経済大国となった中国が30年前の徐州市の醜悪な罪悪を徹底的に暴いて関連公職者を処罰してはじめて、西欧メディアの非難にも自信を持って対応でき、中国共産党が提示した「国家ガバナンス体系と能力の現代化推進」という目標にも合致すると主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    五輪閉幕の時まで口を閉じていた…中国の「鎖の母」によって明るみになった「醜悪な真実」

    2022.02.24 07:42
    뉴스 메뉴 보기
    中国の国旗
    TOP