주요 기사 바로가기

日本外交官を逮捕した中国…「身分にそぐわない活動」vs「ウィーン条約違反」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.24 06:44
0
中国当局が北京に駐在している日本外交官を逮捕・調査し、日中間の外交葛藤が深まっている。

外務省は22日、中国駐在の日本大使館職員が中国当局に一時逮捕されて調査を受けたと明らかにした。AP通信などによると、該当の外交官は違法な情報収集を行った容疑で21日に勤務中に逮捕されて数時間にわたり調査を受けた。

これについて外務省の森健良事務次官は「外交官の身体不可侵を規定したウィーン条約(外交関係に関するウィーン条約)に違反している」とし、この日夜に楊宇・駐日中国臨時代理大使を呼んで厳重に抗議し、謝罪と再発防止を要求した。

これに対して在日中国大使館は23日、ホームページに掲載した記者問答形式の発表文を通じて「日本大使館の職員は中国でその身分にふさわしくない活動に従事し、中国の関係部門は法律と規則に従って調査・質問を行った。彼の合法的権利は保障されている」と反論した。

中国大使館はまた、日本が大使館関係者の調査に抗議したことに対して「中国は日本のいわゆる申し入れを受け入れない」と釘をさした。続いて「日本は中国の法律を尊重し、中国に駐在する外交職員の言動を厳格に律するべきであり、その身分にふさわしくない活動に従事させてはならない」と付け加えた。

さらに中国外交部の華春瑩報道官は23日の定例記者会見で、むしろ中国側がすでに日本側に抗議を提起して再発防止などを要求したと伝えた。

華報道官は「外交関係に関するウィーン条約は外交官の行動の限界を明確に規定している」とし「外交官には駐在国の法律と規定を守る義務がある」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本外交官を逮捕した中国…「身分にそぐわない活動」vs「ウィーン条約違反」

    2022.02.24 06:44
    뉴스 메뉴 보기
    駐日中国大使館のコメント全文。[写真 駐日中国大使館ホームページ キャプチャー]
    TOP