주요 기사 바로가기

【コラム】なぜ北京五輪が開かれるたびに韓中関係は奈落に落ちるのか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.21 10:24
0
本当に妙だ。中国・北京で五輪が開かれるたびに韓中関係が急落するからだ。2008年に北京で夏季五輪が開催された時だ。中国人が幸運の数字と考える8月8日夜8時に合わせて開かれた開会式で韓国選手団は入場時に中国の歓待を受けられなかった。台湾と日本の選手団にあふれた雄壮な拍手が韓国にはなかった。韓国と日本が戦う野球の予選で中国の観衆は日本を熱狂的に応援した。アーチェリー決勝戦では韓国の選手が弦を引くたびに中国人は口笛を吹いて妨害した。中国はなぜそうしたか。当時韓国の放送局の1社が五輪のリハーサル場面を先に報道して開会式のムードを壊して中国内の反韓感情を刺激したという解釈が出てきた。韓国は韓国で腹を立てた。閉会式行事のうち東海を「日本海」と表記した地図が登場したためだ。

それから14年ぶりの2022年に北京で開かれた冬季五輪もまた、今年が修交30周年という言葉が色あせるように韓中関係の悪材料として作用中だ。開会式に登場した韓服により中国の韓国文化侵奪非難があふれ、競技中には韓国のショートトラックに数回にわたり下された釈然としない判定の受恵者が中国になり「中華主義が五輪を飲み込んだ」「五輪は中国のスポーツ祭典か」という激しい反発が出てきた。中国も興奮するのは同じだった。韓服を中国のものだと言い張る主張が出るかと思えば韓国選手と応援団に嘔吐の絵文字を浴びせて激しく対抗した。人類の和合を図るスポーツイベントになるのが当然な五輪が改めて韓中関係を奈落に落とす役割をしたのだ。

なぜこうしたことが繰り返されるのか。2008年と今年の北京五輪の際の韓中衝突の原因をじっくり考えてみれば、いずれも偶発的というよりは感情が累積した結果とみられる。まず2008年の場合だ。当時中国内の反韓感情を刺激した直接的な契機は韓国の放送局の誤りだ。ところがこれは信管に触れたものにすぎない。両国間ではすでに火を付けさえすればすぐに燃え上がるほど民間の感情は極めて悪化していた。始まりは2004年に韓国の怒りを買った中国の「東北工程」とみるのが正しいようだ。このプロジェクトは韓国人にとっては中国が高句麗史を奪うものと認識される。韓国は歴史を失うことはできないとし激しく反発し、中国は守勢に追い込まれた。ところが翌年中国が反撃に出る名分を作った。

2005年韓国が江陵端午祭をユネスコに登録すると、中国は韓国が中国の名節である端午節を盗んだと非難を浴びせた。その後韓中両国間では伝統文化の各分野でどちらが元祖かを問い詰める「文化元祖論争」が広がった。韓医学と漢医学の間の韓医と中医が正面対立し、引き続き神話と印刷術、漢字と渾天儀など文化領域のあちこちで「こっちが元祖だ」という争いが生じた。こうした文化元祖論争が続き両国国民間の感情の谷を深め、ついに2008年の北京五輪を契機に炸裂してしまったのだ。

【コラム】なぜ北京五輪が開かれるたびに韓中関係は奈落に落ちるのか(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】なぜ北京五輪が開かれるたびに韓中関係は奈落に落ちるのか(1)

    2022.02.21 10:24
    뉴스 메뉴 보기
    4日、北京冬季五輪の開会式で中国の五星紅旗が入場する際、中国女性(前列左から2人目)が韓服姿で現れ、中国の「韓服工程」挑発という声が高まった。 キム・ギョンロク記者
    TOP