주요 기사 바로가기

<北京五輪>「また、失格? 頭にくる」男子ショートトラックの不可解な脱落に金軟景も怒り

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.08 07:29
0
2022北京冬季オリンピック(五輪)のスピードスケート・ショートトラック男子1000メートル準決勝で国家代表の李俊瑞(イ・ジュンソ)、黄大憲(ファン・デホン)が脱落し、ネット上を中心に「不公正判定」に対する激しい論議が巻き起こっている。

7日、アスリート出身バレーボール選手の金軟景(キム・ヨンギョン、34、上海ブライトユーベスト)はソーシャルメディア(SNS)ツイッターに「また、失格? 頭にくる」と怒りをぶつけた。このコメントはこの日午後10時35分現在、6万5000回以上再引用された。2万7000回の「いいね」を受けた。

ネットユーザーもこの日、1000メートル準決勝結果に激しく反発している。

一部のネットユーザーは特に今回の競技結果を巡り、大韓氷上競技連盟に向かって「今回の不公正判定に対して国際オリンピック委員会(IOC)に提訴せよ」「氷上連盟がどのように対応するか見守る」と反応している。

李と黄の脱落で中国選手が決勝に進出し、中国を対象とした非難の声も沸き立っている。ネットユーザーはオンラインコミュニティ「FMコリア」に競技の結果に言及した掲示物の下に「本日から私たちの主な敵は中国」「中国語が聞こえるだけでも嫌悪し、中国人を見れば差別して悪口を吐いてやろう」「韓国が甘く見えるのか」と憤った。

該当判定を下した審判陣に対する批判も続いている。ネットユーザーは「中国からお金を受け取ったのか」「中国選手に金メダルを与えようと韓国選手を全員落としているのか」「韓国選手が中国選手たちを追い越せば失格されるルールを知らなかったようだ」と批判した。

冬季五輪を準備しながら練習に励んできた選手たちに対する心配も相次いだ。ネットユーザーは「選手たちが可哀そうだ」「選手たち、悔しすぎるだろう。残念だ」と反応した。

五輪ボイコット宣言も出てきた。ネットユーザーは「こうするなら五輪はなぜするのか」「もう観ない」「他の試合を見てもどうせ結果が目に見える」と嘆いた。

黄大憲〔23・江原(カンウォン)道庁〕はこの日、中国北京首都体育館で開かれた2022北京冬季五輪ショートトラック男子1000メートル準決勝1組で1位で決勝線を通過した。だが、追い越す過程でペナルティを受けて失格処理された。黄の失格で任子威と李文竜(以上中国)が1、2位で決勝に進んだ。

準決勝2組に出場した李俊瑞(22・韓国体育大学)はシャオリンサンドル・リュウ(ハンガリー)に続いて2番目に決勝線を通過したが、今回も追い越しの過程で反則が宣言された。李の脱落で武大靖が決勝に進出した。

パク・チャンヒョク(24・スポーツTOTO)は準決勝に進んだが、準々決勝競技の途中で相手選手の反則で負傷を負って準決勝へのチケットをあきらめた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <北京五輪>「また、失格? 頭にくる」男子ショートトラックの不可解な脱落に金軟景も怒り

    2022.02.08 07:29
    뉴스 메뉴 보기
    バレーボール選手の金軟景
    TOP