주요 기사 바로가기

<北京冬季五輪>韓服を自慢した開会式、そこには韓服姿の韓国閣僚もいたが…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.05 12:24
0
2022北京冬季オリンピック(五輪)開会式で韓服を着た女性が中国の少数民族として表現され、ネットユーザーが怒りを表している。

4日午後8時に開催された2022北京冬季五輪開会式の中国国旗入場場面では、輝くピンクのチマ(スカート)と白のチョゴリ(上着)を着た女性の姿が見られた。この女性は長い髪を一つに結び、チマと似たピンクのリボンを飾っている。

中国国旗の入場場面は「小市民の国旗伝達」というコンセプトで、社会各界代表、国家勲章および名誉称号授与者、中国56民族の代表など各界各層の中国人が、国旗に対する愛情と連帯感を込めて手から手に五星紅旗を伝達する方式で進行された。

韓国のネットユーザーはこの場面を見て「韓服を中国少数民族の一つの朝鮮族の衣服として登場させたのか」とし、あきれるというような反応を見せた。それだけでなく開会式では象毛や杖鼓を打つ姿も中国伝統文化のように表現されたと、ネットユーザーは指摘した。ネット上では「おかしい民族だ」「本当にぞっとする」「他人のものを奪う厚かましい未開の国」などと怒りを表すコメントが続いた。

こうした中、黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官が韓服姿を着て開会式の現場に座っている姿が公開され、注目を引いた。黄長官は赤い韓服姿で韓国の国旗が入ったマスクを着用して観覧席に座っていた。ネットユーザーは「中国は少数民族だが、我々は長官が韓服を着た」と比較した。

最近、中国は韓国の伝統衣服の韓服を中国の衣装だと主張している。中国ポータルサイト百度は百科事典サイトに昨年9月、「韓服は漢服(中国の伝統衣装)に由来する」「朝鮮族の服飾は中国朝鮮族の伝統民俗であり中国国家級無形文化財の一つ」などと紹介した。

徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授は百度に抗議メールを送り、韓服を「韓国の伝統衣装」と正しく修正してほしいと要求した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <北京冬季五輪>韓服を自慢した開会式、そこには韓服姿の韓国閣僚もいたが…

    2022.02.05 12:24
    뉴스 메뉴 보기
    (左) 4日、2022北京冬季五輪開会式の中国国旗入場場面で、韓服を着た女性が五星紅旗を持ち、中国の少数民族として表現された。[オンラインコミュニティ キャプチャー] 。 (右)開会式に韓服を着て出席した韓国の黄熙(ファン・ヒ)文化体育観光部長官。[文化体育観光部]
    TOP