주요 기사 바로가기

中国研究チーム「オミクロン株、ネズミ起源の可能性」

ⓒ 中央日報日本語版2022.02.04 13:46
0
新型コロナの変異ウイルス「オミクロン株」がネズミから始まったかもしれないという研究結果を中国研究チームが発表した。

4日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)によると、中国南開大学と中国中国疾病対策予防センター研究チームは最近「生物安全および生物セキュリティージャーナル」(Journal of Biosafety and Biosecurity)に掲載した論文で、ヒトからネズミに移った新型コロナウイルスが何度も変形を経てヒトに移された事例に対する証拠を発見したと明らかにした。

研究チームは世界保健機関(WHO)が確認したすべての「憂慮すべき変異」に比較した結果、オミクロン株が持つ突然変異は患者の臨床サンプルでほぼ見出すことができず、他の変異の中間進化段階でも発見されなかったと伝えた。

 
同時に、オミクロン株の5つの突然変異がネズミの肺サンプルから発見されたものと同じだということを確認したと明らかにした。

これに先立って、中国科学院研究チームの論文でもオミクロン株の突然変異がヒト宿主よりはネズミ宿主から始まった可能性が大きく、その突然変異はオミクロン株がネズミ細胞と結合するようにしたと明らかにした。

また、「この研究結果はオミクロン株の起源がヒトからネズミに移り、急速に突然変異を作った後、再びヒトに移ってきたことを示唆する」として「これはオミクロン株の発病に対する種間進化の軌跡を見せる」と話した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP