주요 기사 바로가기

<韓国大統領選>首脳会談の順番は? …李「効率的時点に」 尹「米・日・中・朝」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.04 07:49
0
4人の大統領候補が3日開かれた地上波テレビ局3社の初めての合同招請大統領候補討論会で「ジョー・バイデン米国大統領、岸田文雄首相、習近平中国国家主席、金正恩(キム・ジョンウン)総書記とどのような順番で首脳会談を行うつもりか」という共通質問にそれぞれ答えた。

まず、共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)大統領候補は「われわれは大洋勢力、または海洋勢力、大陸勢力が衝突する半島国家に位置している」として「私は国益中心の実用外交が最も大事だと考える。あらかじめ決めておいて米国が先か、中国、北朝鮮が先かを問い詰める必要がない」と答えた。また、「状況に合わせて最も効率的な時点に相手に会うのが重要だ」と話した。

国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補は「順番を決めるといえば、米国、日本、中国、北朝鮮」と答えた。同時に「なぜなら、民主党執権期間に『親中親北』の屈従外交を展開した中で韓米・韓日関係が崩れ、これを正常に回復することが優先だと考える」と説明した。

正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)大統領候補は「最初は南北首脳会談を行いたい」と金総書記に一番先に会いたいという意見を示した。これについて「北朝鮮がモラトリアム破壊を宣言した。共倒れに向かう誤った判断を下らないように願う」としながら「対話が切実な状況だ。2018年シンガポール合意に基づいて米朝対話の再開が急務だと考える」と答えた。また「大統領になれば、まず南北首脳会談を行ったうえでその内容を踏まえて韓米首脳会談を行い、必要であれば4カ国首脳会談を通じてモラトリアムに対する解決法を提示するだろう」と説明した。

国民の党の安哲秀(アン・チョルス)大統領候補は「韓米同盟が最も大事だと考える」とし「先に米国とともに解決策を探るのが第一だ。その次は中国(に会う)。色々と北朝鮮に対する支援のおかげで(北朝鮮が)持ちこたえている側面がある。その次は北朝鮮、日本」だと説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国大統領選>首脳会談の順番は? …李「効率的時点に」 尹「米・日・中・朝」

    2022.02.04 07:49
    뉴스 메뉴 보기
    正義党の沈相ジョン候補(左から)、共に民主党の李在明候補、国民の力の尹錫悦候補、国民の党の安哲秀候補が3日夕方、ソウル永登浦区(ヨンドンポク)KBS公開ホールで開かれた地上波3社(KBS・MBC・SBS)合同招請大統領選候補討論会の開始に先立って記念撮影を行っている。[写真 国会写真取材団]
    TOP