주요 기사 바로가기

沈黙破ったプーチン大統領「ウクライナがクリミア奪還を試みる場合、NATOとの戦争不可避」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.02 11:14
0
ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が1日(現地時間)、ウクライナが北大西洋条約機構(NATO)に加入し、ロシアに併合されたクリミア半島を武力で奪還しようとする場合、NATOとの戦争は不可避だと警告した。1カ月以上続いてきた西側諸国の警告や軍事動向にも沈黙してきたプーチン大統領が公開席上で戦争の可能性に言及して緊張感が高まっている。

この日、ロシア・タス通信などによると、プーチン大統領はこの日、モスクワを訪問したハンガリーのオルバーン・ヴィクトル首相との会談後、記者会見で「先月26日に米国とNATOから受けた書面の回答を綿密に分析している。米国とNATOは安全保障に関連したロシアの根本的な要求を無視した」と明らかにした。

ロシアはこれに先立ち、▼NATOの東進禁止▼ロシア国境付近への攻撃武器配備禁止▼欧州内の軍事インフラの1997年以前水準の復帰--などの内容が盛り込まれた安保保障案を西側諸国に提案した。1997年はロシアとNATO間の基本条約が締結された年だ。

プーチン大統領は「われわれの懸念を無視して米国とNATOは各国が安全保障確保のための方法を自由に選択できる権利を持っていることを主張する」とし「これは単に『安保不可分性』の一部分にすぎない。そのほかの一部分は誰の安保強化も他の国家の安保を犠牲にして行ってはいけないと規定している」と強調した。

プーチン大統領は「ウクライナのドクトリン文書にはクリミアを武力などの方法で修復すると書いている」としながら「ウクライナがNATO加盟国になり、十分な武器を確保し、ここにポーランドやルーマニアのように現代的攻撃武器が配置されていて、クリミア作戦を始めると想像してみるといい」と仮定した。

続いて「西側の最重要課題は、ロシアの発展を抑制すること」としながら、ウクライナは西側の目的を達成するための道具にすぎないと主張した。

プーチン大統領はロシアが今もウクライナ関連の緊張解消に向けて西側との対話にオープンであることも示唆した。「簡単なことではないかもしれないが、安全保障を主題にした対話が続き、最終的に解決策を見出せることを願う」と述べた。

オルバーン首相は記者会見で「EUでロシアと紛争を起こすことを願う指導者は一人もない」としながら「ハンガリーと中部欧州国家は西側と東方(ロシア)間の緊張緩和と冷戦予防に関心がある」と紹介した。

NATO加盟国の指導者としては珍しくロシアと密着する姿を見せたオルバーン首相は、ロシアとNATO間の異見は克服することができ、ロシアの平和と安保を保障してNATO加盟国も受け入れられるような協定締結が可能だとしながら、今後の交渉がそのような協定につながるように願うと明らかにした。

オルバーン首相は会談後、露メディアとのインタビューで「ロシアによるウクライナ侵攻の可能性はあると思うか」という質問に対して「会談でプーチン大統領からそのような行動に対する意図を見出すことはできなかった」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    沈黙破ったプーチン大統領「ウクライナがクリミア奪還を試みる場合、NATOとの戦争不可避」

    2022.02.02 11:14
    뉴스 메뉴 보기
    プーチン大統領
    TOP