주요 기사 바로가기

日本、「佐渡金山」世界遺産推薦書を締切間際に提出…韓国は「全方向対応」へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.02.02 06:47
0
日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産センターに佐渡金山に対する世界文化遺産登録推薦書を締切直前に提出した。

1日、共同通信によると、この日午前、2023年世界遺産登録を目指した候補として佐渡金山を推薦することを閣議了解した。

佐渡金山は日帝強占期に多くの朝鮮人が動員されて過酷な労役を強いられた現場だ。日本側は対象期間を江戸時代(1603~1867年)に限定して日帝強占期の歴史を除いた状態で佐渡金山の世界遺産登録を推進している。

佐渡金山の世界遺産登録については来年夏に最終的な結論が出るものとみられる。来年5月ごろに出てくるユネスコの諮問機関「国際記念物遺跡会議(イコモス・ICOMOS)」の勧告を通じて結果を予想することができる見通しだ。同通信は、ユネスコは韓国と日本が佐渡金山問題に対して二国間協議を行うように求め、これによって審査が延期になる可能性があると予想している。

一方、韓国政府は日本政府が佐渡金山の世界遺産推薦に対して強く反対していることから、ユネスコを舞台に韓国と日本の熾烈な歴史論争が繰り広げられることになりそうだ。両国は共にタスクフォース(TF、作業部会)を構成して対応するという方針を明らかにしている。

韓国政府は「全方向対応」に出る計画だ。外交部当局者は「政府は関係機関や専門家で構成された官民合同TFを中心に、国際社会と積極的に協調し、体系的かつ全方向的な対応を実施していく考え」と明らかにした。

先月28日、韓国外交部は日本政府が佐渡金山ユネスコ世界遺産登録推進を公式化したことを受けて、関係機関と民間専門家が参加するTFを発足させた。韓国政府は強制労役の歴史に背を向けたまま日本が登録を推進するのは世界遺産の根本的な趣旨とは合わない点を強調し、世界遺産委員会やユネスコなど国際社会の共感を得るために注力するものとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本、「佐渡金山」世界遺産推薦書を締切間際に提出…韓国は「全方向対応」へ

    2022.02.02 06:47
    뉴스 메뉴 보기
    朝鮮人約1200人の強制労働があった新潟県の佐渡金山。[中央フォト]
    TOP