주요 기사 바로가기

韓国中部地方の採石場で土砂崩れ…作業員3人不明、1人の死亡を確認

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.30 09:19
0
京畿道楊州市(キョンギド・ヤンジュシ)にある三票(サムピョ)産業の採石場で生き埋めとなった作業員3人のうち1人が29日午後1時44分ごろ見つかった。だがすでに死亡していたことが確認された。

消防当局によるとこの日午後3時6分ごろ、作業者員Aさん(28)の遺体を収容し病院に搬送した。Aさんはボーリング作業に投入された日雇い労働者という。

消防当局は現在掘削機作業員であるBさん(55)さんとボーリング作業員Cさん(52)の2人を見つけるための捜索作業を進めている。現在救助犬1頭と人材約50人、装備約20台が投入された。

これに先立ちこの日午前10時8分ごろ、楊州市の三票産業の採石場で骨材採取作業中に土砂が崩れ作業員3人が生き埋めとなった。

事故は骨材採取のための爆破作業に向け穴を掘る作業をしていたところ土砂が崩れて発生したものと推定される。

崩壊した土砂の量は推定で約30万立方センチメートル、高さ約20メートルに達する。

レミコン製造業者である三票産業は常勤労働者が930人いる。常勤労働者数が50人以上の事業所は今月27日から施行された重大災害処罰法の適用対象だ。このため今回の事故は重大災害処罰法が適用される最初の事故になるものとみられる。





関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国中部地方の採石場で土砂崩れ…作業員3人不明、1人の死亡を確認

    2022.01.30 09:19
    뉴스 메뉴 보기
    楊州市の土砂崩れ現場。[写真 楊州消防署]
    TOP