주요 기사 바로가기

日本メディア「佐渡金山の世界遺産推薦へ最終調整」

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.28 14:25
0
日本政府が日帝強占期の朝鮮人徴用現場である佐渡島金山を国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界文化遺産に推薦する方向で最終調整に入ったと日本メディアが28日、報じた。

共同通信はこの日、政府関係者を引用して「政府が『佐渡島の金山』(新潟)の世界文化遺産推薦へ最終調整に入った」とし「2023年の登録を目指す」と伝えた。

共同通信は「岸田文雄首相が同日夜に表明し、2月1日の閣議で了解する方向で協議している」と伝えた。

産経新聞も岸田首相が佐渡金山をユネスコに世界文化遺産に推薦する方向で調整に入ったと政府高位関係者を引用して報じた。

岸田首相は同日午後、林芳正外相や末松信介文部科学相と協議して最終決定する意向で、その後記者団に推薦理由を説明すると産経は伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本メディア「佐渡金山の世界遺産推薦へ最終調整」

    2022.01.28 14:25
    뉴스 메뉴 보기
    朝鮮人1200人余りが強制労働した新潟県の佐渡鉱山。[中央フォト]
    TOP