주요 기사 바로가기

コロナ検査キット、一部ネットショップでは品切れ…値段が3倍に高騰したところも=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.28 11:23
0
「コロナ検査キットを注文したが、一日で自動キャンセルになった。こうなる前に買っておけば良かったと後悔しています」

会社員Aさんは26日、あるネットショップで新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)検査キットを注文して一日で自動キャンセルになった。韓国のオンライン掲示板にはAさんのように検査キットの購入に失敗した事例が数多く投稿されている。ある投稿者は「オンラインではすべて品切れ状態」と伝えた。また別の地域のオンライン掲示板の利用者は「マスク大乱の時のように価格が天井知らずに上がるのではないか心配だ」とした。

実際、検査キットの物量が不足すると価格も上昇している。あるカフェには「キット2組が入っているものを前日7000ウォン(約671円)台で買ったが翌日2万ウォン台に値上がりした」という投稿文が写真付きで掲載された。大手ECサイト「11番街」は最近10日(16~25日)間で検査キットの取引額が前月同期間に比べて71%上昇したと明らかにした。

このように検査キットの需要が増えたのは、韓国政府がオミクロン株対応のために従来の遺伝子増幅(PCR)検査の対象を制限するという方針を発表したためだ。当局は26日、オミクロン株優勢地域4カ所〔光州(クァンジュ)・全南(チョンナム)・平沢(ピョンテク)・安城(アンソン)〕に新たな検査体系を導入したことに続き、来月3日からこれを全国に拡大すると明らかにした。この場合、60歳以上の高齢者など高危険群ではない検査希望者は選別診療所や指定された病院・医院で迅速抗原検査を受けなければならない。ただし、自宅で検査キットで検査して陽性が出た場合、選別診療所のPCR検査を受けることができる。こうしたことから検査キットを前もって買っておこうとする人々が増えたとみられる。

業界では「マスク大乱」の時のように長期的に需給難は続かないと見通している。あるメーカーは中央日報の電話取材に対して「現在の月約1億個の生産が可能で、長期的に物量に対する懸念はない」と伝えた。食品医薬品安全処もこの日、「検査キットのメーカー3カ所の一日の最大生産可能量は約750万個で安定して供給することができると把握している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    コロナ検査キット、一部ネットショップでは品切れ…値段が3倍に高騰したところも=韓国

    2022.01.28 11:23
    뉴스 메뉴 보기
    食品医薬品安全処の許可を得て国内に流通している自己検査キット。[写真 レピジェン]
    TOP