주요 기사 바로가기

韓国、NSC緊急常任委開催…「北朝鮮のミサイル連続発射、大変遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 13:27
0
北朝鮮が27日、東に短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を発射したことに関して、韓国政府はこの日午前、国家安全保障会議(NSC)常任委員会緊急会議を開いて対応策を議論した。

徐薫(ソ・フン)国家安保室長の主宰で開かれた今回の会議は午前9時から9時50分まで約50分間行われ、元仁哲(ウォン・インチョル)合同参謀議長が北朝鮮の飛翔体と関連した状況と軍の対備態勢を報告した。

常任委員はこの場で韓米間の緊密な共助のもと、北朝鮮の追加動向を綿密に監視する一方、飛翔体の詳細な仕様を分析し、最近北朝鮮の相次ぐミサイル発射が韓半島(朝鮮半島)関連の情勢に及ぼす影響を検討し、必要な対応措置を講じていくことにしたと青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)が報道資料を通じて発表した。

また、北朝鮮の連続したミサイル発射は、韓半島と地域の平和と安定を望む韓国と国際社会の要求に反するもので、大変遺憾だという立場を改めて示した。

常任委員は何より北朝鮮が国際社会の輿望に応え、対話による問題解決に速やかに応じるよう促し、韓半島で更なる状況悪化があってはならないという意見で一致したと伝えられた。

この日の会議には、徐薫安保室長のほか、兪英民(ユ・ヨンミン)大統領秘書室長、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官、李仁栄(イ・イニョン)統一部長官、徐旭(ソ・ウク)国防部長官、朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長、元仁哲合同参謀議長、徐柱錫(ソ・ジュソク)国家安保室第1次長、尹昌烈(ユン・チャンニョル)国務調整室第1次長などが参加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP