주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>北核先制打撃論争より徹底的な対応が先だ=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 13:28
0
1837年、英国と米国の間で小さな紛争が発生した。当時、英国の植民地だったカナダでは反乱軍が独立を狙っていた。反乱軍は戦闘に必要な武器と人員を米国船籍のキャロライン号に積んでカナダに進攻する計画だった。これを発見した英国軍は同年12月29日、米国の港に停泊中のキャロライン号を拿捕して火をつけた後、ナイアガラの滝の下に遺棄した。この過程で米国人2人が殺害された。

米国政府は英国に強く抗議した。しかし英国は自衛および自己保存の必要(necessity of self-defense and self-preservation)を主張した。カナダ反乱軍の攻撃を受ける状況に対応した先制的な自衛権行使ということだ。この事件は数年間にわたり攻防が続き、当時のウェブスター米国務長官が英国に送った手紙で終結した。

手紙の内容は、自衛(self-defense)が成立するには必要性(necessity)、すなわち状況が先制攻撃以外の手段を選択する余裕も考える時間もないほど切迫(instant)していて圧倒的(overwhelming)だったかなどを立証する必要がある、というものだった。ウェブスターの手紙に英国は同意し、両国は英国の武力行使の正当な理由が認められるという点に合意した。

◆先制的自衛権の基準になったキャロライン事件

キャロライン事件は国連など国際法上で自衛権行使の基準になった。この事件は1945年の第2次世界大戦終戦後にドイツ・ニュルンベルクで開かれた国際軍事裁判に引用された(キ・ソクホ『先制的自衛の歴史的理解と北核脅威対応先制攻撃の正当性研究』)。1940年4月9日未明のドイツのデンマーク・ノルウェー侵攻に関する裁判だ。この裁判ではドイツは防御レベルだと主張したが、裁判所は認めなかった。この裁判の結果、先制攻撃の基準として正当な原因、最後手段、比例性などの原則が出てきた。

最近、韓国与野党大統領候補の間で北朝鮮の核に対する韓国の先制攻撃をめぐる論争がある。北朝鮮が年初から弾道ミサイル、極超音速ミサイルなどを4回も発射した。北朝鮮の核ミサイル挑発に関連、最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補は「キルチェーンを通じた先制打撃しかない」と主張し、与党・共に民主党の李在明(イ・ジェミョン)候補側は「戦争の危険を高める戦争狂だ」として甲論乙駁だ。

先制的自衛権の行使は先制攻撃(preemptive attack)と予防攻撃(preventive attackまたはwar)に分けれられる。先制攻撃はその言葉のように、敵の攻撃が差し迫った状況で大きな被害を受ける前に先に攻撃することだ。予防攻撃(または戦争)は敵の攻撃が差し迫ってはいないが、未来に発生するより大きな禍を減らすためにあらかじめ禍根を除去することだ。このため不可避性がある先制攻撃は国際法で認められる雰囲気だが、予防戦争は否定的だ。米陸軍戦略問題研究所のコリン・グレー教授も先制攻撃自体は大きな問題にならないが、予防戦争は必要性と相手の敵対的な意図を判断する明確な情報があるべきだと主張した。

◆イスラエルの6日戦争は先制攻撃で正当

先制攻撃の代表的な事例は1967年にイスラエルがエジプトとシリアを相手にした「6日戦争」(第3次中東戦争)だ。当時、エジプトはシリアを支援するという名分で大規模な兵力をシナイ半島に投入し、イスラエルの貿易の関門ティラン海峡を封鎖しようとした。ヨルダンとイラクも相互防衛条約を締結し、イスラエルに対して戦争も辞さないと宣言した。

四面楚歌となったイスラエルには戦争が迫り、戦争で敗れれば滅亡するという危機感に陥った。このためイスラエルは同年6月5日、戦闘機でエジプトを先制的に奇襲攻撃した。イスラエルの戦闘機は砂漠を超低空で飛行し、エジプト空軍基地を焦土化した。エジプト空軍機450機のうち300機が破壊された。イスラエルは自国領土の3倍にのぼる緩衝地帯を占領し、6日間で戦争を終えた。国際社会はイスラエルの先制攻撃は正当だったと認めた。

しかし先制攻撃は容易でない。1994年の第1次北朝鮮核危機で、ウィリアム・ペリー米国防長官は「戦争になっても北朝鮮の核兵器開発を中断させるべきだ」と述べ、クリントン大統領は寧辺(ヨンビョン)爆撃を計画した。1994年9月、米国は空母2隻と艦艇33隻を元山(ウォンサン)近隣の東海(トンヘ、日本名・日本海)に集結させ、寧辺爆撃を敢行しようとした。しかし韓国の国民100万人が犠牲になる可能性があるという報告でクリントン大統領は爆撃を取り消した。

◆ブッシュのイラク戦争、正当性が落ちる予防戦争

予防戦争として非難された代表的な事例は米国のイラク戦争(2003)だ。ジョージ・W・ブッシュ大統領は2001年の米同時多発テロ後、翌年の一般教書演説で「2つの主敵」に言及した。ブッシュの「悪の枢軸(axis of evil)」に北朝鮮とイラクも含まれた。そしてブッシュは先制攻撃と予防攻撃(戦争)の境界線を緩和した。ブッシュドクトリンだ。これを根拠にブッシュ政権はイラクを侵攻したが、今でも誤った行動という非難を受けている。

イスラエルが1981年6月7日、イラクのオシラク原子炉を爆撃した「バビロン作戦」も過度な予防攻撃に属する。オシラク原子炉は原子力発電所だった。にもかかわらずイスラエルは未来に発生する可能性がある核の脅威をあらかじめ除去するという名分で原子力発電所を爆撃した。日本が米国を牽制して敢行した真珠湾攻撃も同じだ。 <Mr.ミリタリー>北核先制打撃論争より徹底的な対応が先だ=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP