주요 기사 바로가기

在日米軍、北朝鮮の巡航ミサイル発射に「最高準備態勢を保障するために毎日訓練」

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.27 10:58
0
在日米軍は北朝鮮の最近の巡航ミサイル発射に関連して最高の準備態勢を保障するために毎日訓練していると26日、明らかにした。

在日米軍公報室は26日、北朝鮮の最近巡航ミサイル発射が日本に居住する米国人の安全に及ぼす影響に対するボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送の書面質問に「信頼できる抑止力を可能にして、すべての非常事態に備えることができる最高の準備態勢を保障するために毎日すべての領域にかけて訓練する」と答えた。

同時に「私たちは定期的に同盟国である日本と二国間間訓練を継続し、昨年12月に進められた『レゾリュート・ドラゴン』(Resolution Dragon 2021)がその事例」と説明した。

レゾリュート・ドラゴンは地理的に分散した環境で相互指揮、統制、調整のための手続きを整備して日米同盟の防御力を強化するために講じられた訓練だ。昨年12月訓練には米海兵隊2650人と日本の陸上自衛隊1400人が参加したことが分かった。

在日米軍は「私たちは日本に対する条約義務を履行し、領域内の平和と安保を支援するために今後も熱心に訓練するつもり」と強調した。

北朝鮮は25日東海(トンヘ、日本名・日本海)上に巡航ミサイルと推定される飛翔体2発を発射したことに続き、27日同じ方向に飛翔体を発射した。この日発射された具体的な飛翔体の種類と財源は韓米軍当局が分析中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP