주요 기사 바로가기

「北朝鮮、一時すべてのサーバーがダウンした…2日連続でDDoS攻撃があったようだ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 10:15
0
北朝鮮のインターネット網に対するDDoS(分散型サービス妨害)攻撃が2日連続で続いているとみられる。

27日午前、北朝鮮の公式立場が表出される労働新聞、朝鮮中央通信、外務省など主なウェブサイトは外部からの接続が円滑でなく、北朝鮮を狙ったDDoS攻撃にともなう影響なのか注目が集まっている。このウェブサイトは前日である26日から接続障害が続いている。

これを受け、ロイター通信は北朝鮮インターネット網へのDDoS攻撃が行われていると見られると報じた。

ロイター通信が引用したサイバーセキュリティー研究員のジュナード・アリ氏はDDoS攻撃が絶頂に達したときは北朝鮮内すべてのトラフィックがダウンしたとし「一つのサーバーが一定時間オフライン状態になるのは一般的だが、今回は全体ウェブサイトが同時にオフライン状態になった。稀なこと」と話した。

これに先立って、米国の北朝鮮専門メディア「NKニュース」も今月初めに北朝鮮のインターネット網に対するDDoS攻撃があったと報じたことがある。

ただし、北朝鮮はいかなる立場も出していない。また、北朝鮮に対するDDoS攻撃を進めたと主張する団体や勢力もまだ登場していない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP