주요 기사 바로가기

文大統領「K防疫、オミクロン株への対応にかかっている…小児病床の拡充を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 10:09
0
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)「オミクロン対応点検会議」を主宰して「K防疫の成果はオミクロン株への対応にかかっている」とし「オミクロン対応方針に対する意思決定速度をもっと上げていく必要がある」と明らかにした。

文大統領はこの日の会議で「我が国は高い接種率と高齢層の3次接種の効果で重篤者数や致命率が低く現れている」とし「国民が行き過ぎた不安に陥らないように、この点をしっかりと知らせる必要がある」と話した。

文大統領は特に「病床確保で成果をあげたが、(感染者)増加速度に従って病床確保には今後も気を配らなくてはならない」とし「小児病床を十分に拡充しなければならない」と指示した。

続いて「迅速抗原検査キットも生産物量が充分にありそうだが、一時的に需給問題が生じる可能性がある」とし「地方自治体選別診療所の伝達など需給体系に問題が生じないよう、初期に細かく気を配らなくてはならない」と呼びかけた。

また、抗原検査キットの購入費用をおさえる方案とあわせて低所得層など脆弱階層に対する無償支援も検討するよう指示した。

文大統領は「高齢層に対する3次接種を集中的に実施し、高齢層の感染をおさえて重篤患者数も減少した」とし「在宅治療に備えた経口用治療薬の確保も世界で最もはやいほうで、経口用治療薬を投薬した後に重篤患者数の減少も確認した」と話した。

続いて「オミクロン株が拡散していて最大の警戒心を持たなければならないが、国民が行き過ぎた不安と恐怖に陥ることにも警戒しなければならない」としつつ、長くて1カ月前からオミクロン株への対応を準備してきたが、その状況を国民に詳しく自信を持って説明するように注文した。

青瓦台関係者はこの日「今までは感染者数を中心に状況を報告してきたが、これからは重篤患者数と死亡者数、致命率、年齢別区分など報告体系に変更があるかもしれない」と言及した。

これに先立ち、金富謙(キム・ブギョム)首相もこの日政府ソウル庁舎で主宰した新型コロナ中央災難(災害)安全対策本部会議兼安全状況点検会議で「これからは防疫の最優先目標は重篤患者と死亡を減らすことに置く」と明らかにしたことがある。

一方、この日の会議には具潤哲(ク・ユンチョル)国務調整室長と兪銀恵(ユ・ウンヘ)副総理兼教育部長官、全海チョル(チョン・ヘチョル)行政安全部長官、権徳チョル(クォン・ドクチョル)保健福祉部長官、鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理庁長らが出席した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領「K防疫、オミクロン株への対応にかかっている…小児病床の拡充を」

    2022.01.27 10:09
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が26日午後、青瓦台(チョンワデ、大統領府)与民館(執務室)映像会議室で開かれたオミクロン対応点検会議で対応戦略報告を受けている。[写真 青瓦台]
    TOP