주요 기사 바로가기

米国、バルト海にF15戦闘機配備…「NATO同盟国と治安維持・訓練」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 09:35
0
ウクライナに対するロシアの侵攻の懸念が高まる中、米国がエストニアにF15戦闘機を配備した。

26日のフォックスニュースなどによると、米欧州軍(EUCOM)はこの日、F15戦闘機6機がバルト海の航空治安任務支援に向けエストニア空軍基地に到着したと明らかにした。

F15戦闘機は米空軍第48戦闘飛行団所属で、英レイクンヒース空軍基地からエストニアに向かった。

EUCOMはF15戦闘機が今週末までエストニアにとどまると明らかにした。

NATO空軍司令部は「上空治安維持作戦に加え他の加盟国とバルト海沿岸で空対空、地対空訓練をする計画」と明らかにした。

NATOがすでにリトアニア空軍基地に配備すると明らかにしたデンマークのF16戦闘機4機、ベルギーのF16戦闘機とともに来週末まで訓練を継続する。

エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国は2004年3月29日にNATOに加盟した。NATO加盟後はNATO加盟国がバルト3国の領空を守っている。

最近ロシアがウクライナ国境周辺に10万人の兵力を結集させ侵攻の懸念が高まった。西側はロシアが2016年のクリミア半島併合時のようにウクライナを侵攻する可能性に警戒している。ロシアは侵攻説を否定し、西側に域内緊張を高めた責任があると主張する。

バイデン米政権は東欧への米軍兵力配備をめぐり苦悩している。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米国、バルト海にF15戦闘機配備…「NATO同盟国と治安維持・訓練」

    2022.01.27 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    F15K戦闘機 空軍提供
    TOP