주요 기사 바로가기

「英国オミクロン株感染3分の2は新型コロナの再感染」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 09:14
0
英国でオミクロン株感染者の3分の2は新型コロナ「再感染」事例だという研究結果が出た。

26日(現地時間)、インペリアル・カレッジ・ロンドンは新型コロナの陽性判定を受けた研究参加者の65%が過去に感染判定を受けたことがあると明らかにした。ただし、再感染でなく過去ウイルス感染の残滓がPCR検査を通じて検出された可能性があると説明した。

インペリアル・カレッジ・ロンドンはこの日このような内容の英国新型コロナ拡散傾向調査の研究結果を発表した。今回の研究は1月5~20日無作為で選ばれた参加者にPCR検査キット約10万個を配布した後、回収して分析する方式で行われた。

新型コロナ感染調査対象者の99%はオミクロン株に感染したことが分かった。この期間感染率は4.41%で1カ月前(1.40%)の3倍以上だった。23人に1人が感染したわけで、2020年5月研究が始まって以来最も高い割合だ。

年齢別で満5~11歳の生徒の感染率が7.81%で最も高く、75歳以上が2.43%で最も低かった。ただし、高齢者感染率は1カ月前に比べて約12倍高まった数値だった。

インペリアル・カレッジ・ロンドンのポール・エリオット教授は「1月に感染が急速に減ったが、依然として極めて多い水準で、最近では高い水準で停滞しているようだ」として「その中でも始業して学校に通う子どもたちと65歳以上の感染が急速に増える点が懸念事項」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「英国オミクロン株感染3分の2は新型コロナの再感染」

    2022.01.27 09:14
    뉴스 메뉴 보기
    オミクロン株
    TOP