주요 기사 바로가기

ロイター「北朝鮮、26日サイバー攻撃を受けて6時間全体インターネットがダウン」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 08:27
0
北朝鮮が26日午前、サイバー攻撃を受けて6時間の間インターネットがダウンしたとみられるとロイター通信が報じた。

ロイターは英国のインターネットセキュリティ研究員、ジュナード・アリ氏を引用して北朝鮮にこの日午前、分散型サービス拒否(DDoS)と推定される攻撃が発生したと分析した。

北朝鮮ウェブや電子メールのサーバーを監視するアリ氏は「北朝鮮のIPアドレスに連結しようとしたとき、データを北朝鮮に伝送することが不可能だった」と説明した。

数時間後には電子メールを扱うサーバーは開かれたが、高麗(コリョ)航空、北朝鮮外務省、北朝鮮政府公式ポータル「ネナラ(私の国)」などの機関サイトに接続障害と遅延が続いた。

北朝鮮では人口の約1%程度にたあたる25万人程度が直接インターネットに接続できると知られている。

DDoSは大規模な接続のロギング(トラフィック)を通じてサーバー機能をマヒさせるサイバー攻撃だ。アリ氏は「一つのサーバーが一定時間の間オフライン状態になるのは一般的だが、全体インターネットが切れてオフラインになるのは稀だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP