주요 기사 바로가기

韓国専門家「オミクロン株、恐怖心で救急室に行くべきでない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.27 08:21
0
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」感染者が連日過去最多となる中、過度な恐怖心がむしろ対応の失敗を招くという指摘があった。

新種感染病中央臨床委員会の呉明燉(オ・ミョンドン)委員長(ソウル大病院感染内科教授)は26日、中央日報との電話で「オミクロン株が旧正月(2月1日)前に広がると予想したが、実際にそうなっている。旧正月連休と重なって心配だ」とし「我々がどう対応するかによって勝敗が決まるだろう」と話した。呉委員長は「オミクロン株という名前に臆することがなければ2カ月以内にパンデミックの最後の峠を越えることができる。ウイルスの毒性でなく我々の恐怖心によって決まるだろう」と話した。以下は呉委員長と一問一答.

--どう対応すればよいのか。

「オミクロン株は群れの人海戦術、恐怖心を誘発する心理戦術、短い時間に入って出ていく速度戦で攻撃してくる。しかしオミクロン株が持つ武器は大したものではない。それで我々は鼻水が出れば鼻の風邪、のどが痛ければのどの風邪、呼吸が苦しくなれば肺炎として診療を受ければよい。鼻の風邪、のどの風邪の患者までが一斉に救急室に駆けつけて入院させてほしいと言えば、オミクロン株の心理戦術に巻き込まれる。競技場の観衆が恐怖を感じて一斉に逃げようとすれば階段で圧死するようなことが生じるかもしれない」

--我々が持つ武器は何か。

「我々は幸い、ワクチン接種率が高い。60歳以上の高危険群のうち未接種者が感染して肺炎になり重症化する場合、最善を尽くして治療することができればよい。ところが風邪やインフルエンザのように過ぎていく可能性があるのに、オミクロン株感染者という診断が出た瞬間、集中治療室に入るかもしれないという恐怖心が脳裏にある。高危険群でなく接種を完了した人は風邪やインフルエンザのように過ぎていく」

疾病管理庁によると、オミクロン株の伝播力はデルタ株の2倍に達するが、致命率は5分の1水準(デルタ株0.8%、オミクロン株0.16%)だ。国民の85.5%が2回の接種を完了している。アワー・ワールド・イン・データによると、韓国の接種率は世界10位(ブースターショット19位)。

--オミクロン株はデルタ株と異なるのか。

「人の細胞に侵入するのに決定的な役割をするスパイク蛋白質が違う。肺炎をそれほど起こさない」

--では新型コロナではないのか。

「恐怖心を抑えるのに役に立つのなら、オミクロン株が過ぎ去るまでコロナ22に名称を変えたい。外国の専門家もリトルコヴィッド(little covid、小さいコロナ)と呼び始めている」

--ワクチンが重要なのか。

「オミクロン株が急増すれば多くの人が感染するだろう。するとワクチン免疫と自然免疫がさらに増え、強力で長続きする、いわゆるハイブリッド(雑種)免疫がくる。ワクチン接種者にオミクロン株は軽く過ぎていく」

呉委員長はソウル大病院に入院した80代後半のオミクロン株感染者の例を挙げた。この患者はブースターショット接種者で、熱が少し出たこと以外には特に症状はなかった。5日間の酸素治療やパクスロビド(飲み薬)の処方も受けずに退院したという。

--オミクロン株感染者が急増すれば重症者も増えるはずだが。

「60歳以上の高危険群未接種者(約65万人)の40%の26万人がオミクロン株に感染し、1%(2600人)が2カ月間に集中治療室に入院すると仮定すれ場合、月1300人に対応すればよい。我々の医療が対応できるレベルだ」

--地域の医院が準備できているのか心配だ。

「医院は主に多くの店舗が入った建物にある。これを勘案して防疫基準を低める必要がある。現在の基準では医院が対応できない。疾病管理庁が防疫基準を早期に提示してこそ、これを見て医院が参加するかどうかを決めることができる。医院がうまく機能してこそ患者が大きな病院に集中しない」

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国専門家「オミクロン株、恐怖心で救急室に行くべきでない」

    2022.01.27 08:21
    뉴스 메뉴 보기
    新種感染病中央臨床委員会の呉明燉(オ・ミョンドン)委員長(ソウル大病院感染内科教授) 中央フォト
    TOP