주요 기사 바로가기

韓国野党大統領候補、先制打撃論をまた強調…「挑発すれば致命的な打撃を」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.26 13:43
0
韓国最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補は最近増えている北朝鮮の武力挑発に関連、「我々に回復できない侵略的挑発行為をする場合、我々は敵のミサイル発射基地とその挑発を指示した指揮部に対する致命的な打撃を加えるべきだ」と述べた。

尹候補は26日午前、国会で開かれたグローバルビジョン委員会の政策討論会に出席し、外交安保政策に対する自身の考えを明らかにしながら、このように主張した。

尹候補は今月初めの新年記者会見でも「先制打撃論」を提示した。これに関し尹候補は「すぐに先制打撃をするということではなく、我々に回復できない侵略的な挑発行為をすることが確実視される場合には、我々が敵のミサイル発射基地とその挑発を指示した指揮部に対する致命的な打撃を加える能力があり、そのような意志があるということを明らかにすべき」とし「これは韓半島(朝鮮半島)の平和と安保において非常に重要な我々の態度だ」と強調した。

続いて「安保とは領土を守り、国家の主権を守り、また平和を守ることだ」とし「そのためには我々が現実的な力を持たなければいけない。ただ、これに先立ち我々がなぜ領土を守り、なぜ奪われてはならず、なぜ国家の運命を自ら決めるべきか、根本的に考えるべきだと考える」と話した。

尹候補は「精神的に揺らいだ国は滅びても、精神的に強い国、アイデンティティーがしっかりとした国は一時的に力が不足して敵の侵略を受けても、すぐに国権を回復することが歴史で証明されている」とし「今日のように安保と外交、経済が厳しい危機の中でも、我々の国民が自由民主主義という我々の憲法精神を明確にし、国家アイデンティティーを確実に認識することこそが、安保において最も優先される条件だ」と述べた。

また「今わが国は、米中の対立が深まり、グローバルサプライチェーン再編、デジタル化という巨大な変化と転換に直面している」とし「平和と安保はコインの両面だ。安保のない平和なくて、平和というものは安保の目的でもある。力と我々が守るべき国防力、そして同盟関係よりも優先すべき国家アイデンティティに対する確固たる国民の認識、こういうものが国家安保と平和をしっかりと守る支柱になるだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国野党大統領候補、先制打撃論をまた強調…「挑発すれば致命的な打撃を」

    2022.01.26 13:43
    뉴스 메뉴 보기
    韓国最大野党・国民の力の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領候補
    TOP