주요 기사 바로가기

【韓半島平和ウォッチ】援助を倍に増やして「魅力コリア」ブランドを作ってこそ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.26 13:39
0
15年前、米国ワシントンDCの夕食会合で、韓国に長く勤務した米国の前職外交官が「韓国は『建設的悲観主義(constructive pessimism)』を持つ人々が住んでいる国」と話した。実際、韓国人は未来を悲観的に見るため、未来に対応しようとする強い生存本能が身についている。このため生き残ろうと全力を尽くし、韓国は途方もない成就を成し遂げたという意味だろう。

国際通貨基金(IMF)によると、2020年基準で韓国1人あたりの国内総生産(GDP)は3万1638ドルで、先進7カ国(G7)に属するイタリア(3万1604ドル)を抜いた。半世紀前でさえ深刻な貧困国だった韓国が成し遂げた驚異的な成果だ。

しかし時代が変わっても韓国人の内面に深く巣食う心理は、いつ奈落の底に落ちるかもしれないという未来に対する不安と恐れではないか。先進国グループである経済協力開発機構(OECD)加盟39カ国のうち、韓国は幸福度と出生率は最も低く、自殺率は最も高い。米国世論調査機関ピュー研究所の調査では、対象国17カ国のうち家族よりもお金のほうが重要だと答えた唯一の国民が韓国人だ。あらゆることを競争とみなし、物質主義が支配する社会で人に対する配慮や共に豊かに暮らそうといった共生の精神が欠如するのは当然の現象かもしれない。

◆経済は急成長したが幸福指数は最低

歴史上多くの偉大な人物が自分の人生のモットーに情熱と優しさを挙げる。自分の目標を達成するための情熱にはあふれているが、人を不憫に思って助けようとする「惻隠之心」がなければ世俗的に成功しても品格を備えた人物ではない。高い地位に上がるか大きな事を成し遂げた人の中には優れた能力よりも高潔な人柄が決定的な成功要因だった事例が珍しくない。

冷酷な競争と広がる貧富の格差が顕著な現在の韓国社会が「他人を助けようとする情熱」があふれる共同体に進化しなければ、韓国が成熟して調和が取れて暖かくて品格ある社会を作り上げていくのは難しい。今や韓国は「建設的楽観主義(constructive optimism)」が大勢を占める社会になる資格があり、またそうならなければならない。それでこそ現実に対する満足感と余裕ができ、より良い未来が待っていると信じて、難しい状況にある人を助けようとする心が芽生える健全な国になれる。

地球という共同体で韓国の位置はどこか。経済力の側面では韓国はG7に近接している。では韓国は国力に見合う品格を有しているのか。一般的に一定水準の国力に達してこそ品格を論じることができる段階に入ると考えることができる。そして対外援助など国際社会貢献度、民主的政治体制、法治、開放性と包容性、民度、社会安定性、知的・文化的成熟度などが国の品格を判断する基準になる。

対外援助の側面で、韓国は2006年援助供与国で構成された開発援助委員会(DAC)に加入した。OECDは援助目標値を国民総所得(GNI)の0.7%に定めている。DAC加盟30カ国のうち、この基準を充足した国家はルクセンブルク(1.05%)、ノルウェー(1.02%)、デンマーク(0.71%)、スウェーデン(0.99%)の4カ国しかない。

◆利益だけを自分のものにする重商主義イメージ相変わらず

OECD加盟国のうち最大供与国である米国の昨年の援助規模は346億ドルだが、GNIの0.16%にとどまっている。1990年代世界最大供与国だった日本は昨年155億ドルを供与して米国・英国・ドイツに続き4位を占めた。だがGNIの0.29%だった。

英国のボリス・ジョンソン首相は昨年新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による予算圧迫を名分に、デービッド・キャメロン元首相が法制化したGNIの0.7%供与規模を暫定的に0.5%に縮小する法案を議会で僅差で通過させた。これについて、ジョン・メージャー元首相は「援助縮小は大英帝国(Great Britain)ではない小英国(Little England)の烙印を押すことだ」と嘆いた。英国市民団体も「世界で最も貧しい人々に対する約束を破ること」と批判した。これによって英国は国際社会で相当なイメージダウンに耐えなければならなかった。

韓国はどうか。韓国の援助規模は25億ドルで、GNIの0.15%に過ぎない。韓国の援助規模はG7に比べて援助が最も少なく、韓国とほぼ同じ経済水準であるイタリア(49億ドル、GNIの0.24%)の半分水準だ。

短期間に先進経済の仲間入りを果たした歴史に照らして韓国が長く先進国の地位を享受してきた国々と援助規模を比較するのは不公正だと考える人もいるかもしれない。しかし角度を変えて見てみると、半世紀前まで惨めな貧困を経験し、空腹が何たるかをよく知っている韓国はむしろ多くの供与をするべき道徳的責務を負っている。

多くの韓国企業が東南アジアなど全世界に進出して大きな利益を収め、該当国の雇用創出と技術移転に寄与している。しかし韓国は利益だけを自分の懐に収めて進出国の発展には関心がない商人国、重商主義国というイメージが払拭されないのも事実だ。

これからは韓国も世界と手を携えて生きていくという自覚を持つべき時代だ。特に北東アジア3国の一員である韓国は、日本や中国とさまざまな面で否応なく比較される。国家規模で見るとき、韓国が軍事力や経済力で日本や中国を追い越すのは難しい。結局、覇権競争に関与しない平和志向の先進中堅国として、韓国が日中より先んじなければならない分野は貧困撲滅をはじめ、気候変動や伝染病など地球的課題の解決に参加して、平和に繁栄する世界を作ることに貢献することだ。 【韓半島平和ウォッチ】援助を倍に増やして「魅力コリア」ブランドを作ってこそ(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【韓半島平和ウォッチ】援助を倍に増やして「魅力コリア」ブランドを作ってこそ(1)

    2022.01.26 13:39
    뉴스 메뉴 보기
    韓半島平和ウォッチ
    TOP