주요 기사 바로가기

NATOの指揮で米空母打撃群が訓練…ロシア対応

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.26 08:05
0
バイデン米大統領が24日(現地時間)、フランス・ドイツなど欧州の同盟の首脳らと80分間ほどオンライン形式で会談し、ロシアのウクライナ攻撃阻止および攻撃時の対応策について議論した。

こうした外交努力とは別に、米海軍のニミッツ級原子力空母「ハリー・トルーマン」などがこの日、NATO(北大西洋条約機構)の指揮の下、地中海一帯でロシアのウクライナ侵攻に対応した大規模な海上訓練に入った。ホワイトハウスとNATOは米空母打撃群が冷戦後初めてNATOの指揮・統制下で訓練を始めたと明らかにした。米国防総省は米軍8500人に対し、有事の際、欧州のNATO即応部隊(NRF)に直ちに合流できるよう非常待機命令を出した。

ホワイトハウスはこの日、「(指導者らは)ウクライナ国境でロシアの戦力が強化されることへの持続的な懸念を再確認し、ウクライナの主権と領土保存に対する支持を表明した」と明らかにした。続いて「首脳らは現在の緊張状態を外交的に解決しようという共同の熱望を強調した」とし「ロシアに深刻な結果と経済的コストを負わせるための準備を進める」と公開した。

この日の会談にはマクロン仏大統領、ショルツ独首相、ジョンソン英首相、ドラギ伊首相、ポーランドのドゥダ大統領、欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長、ミシェルEU大統領が出席した。バイデン大統領は会談後、記者らに対し「非常に良い会談だった」とし「すべての欧州指導者と完全に意見が一致した」と述べた。しかし前日にショルツ独首相が「ロシアに対する制裁は慎重にすべき」と述べ、米国と一部の欧州国家の連携に亀裂の兆候が見えるという指摘が出ている。

ロイター通信によると、ショルツ首相はメディアに「慎重とは共同合意した原則を違反した側に最も大きな影響を与える措置を選択すること」としながらも「同時に我々はそれが我々に及ぼす結果も考慮しなければならない」と話した。ドイツはロシアから自国にガスを供給する海上パイプライン「ノルドストリーム2」事業への支障を懸念しているとみられる。

この日、NATOは米海軍の「ハリー・トルーマン」空母打撃群を指揮し、海上訓練を開始した。ホワイトハウスのサキ報道官は「NATOが『ネプチューン・ストライク22』と命名した主要軍事訓練を始めた」とし「『ハリー・トルーマン』空母打撃群を中心にNATOの作戦統制下で2月4日まで行われる今回の訓練は、大西洋同盟の団結力と能力、力を見せることになるだろう」と述べた。NATOも「NATO打撃・支援司令部と米第6艦隊(地中海・大西洋東部担当)が地中海一帯で作戦に入った」と発表した。

米国防総省のカービー報道官はこの日、「バイデン大統領の派兵決定に対応し、オースティン国防長官が本土の米軍8500人に非常待機命令を発動した」とし「有事の際、NATOのNRFを支援することになる」と明らかにした。NRFとは地上軍・空軍・特殊作戦軍4万人余りで構成されたNATOの最精鋭多国籍軍。

派兵待機命令を受けた8500人の米軍は戦闘旅団と医療・航空・輸送・情報・監視部隊。これら兵力は対応態勢を強化し、通常10日間の配置準備期間を5日以内に短縮することになる。この兵力はNATO非加盟国のウクライナではなく東欧のNATO加盟国に配置され、同盟国の不安を緩和するとみられる。

米国防総省の決定を受け、バイデン政権が経済・金融制裁のほか派兵カードでロシアに圧力を加える方向に対ロシア戦略を旋回しているという評価が出ている。ニューヨークタイムズは「バイデン政権は今まで何度か会談と交渉を進めたが、ロシアの軍事的脅威を防ぐことができなかった」とし「(協議中心の)以前の戦略から抜け出している」と評価した。CNNは「突破口を見いだせなかった米国が取った最新の措置」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    NATOの指揮で米空母打撃群が訓練…ロシア対応

    2022.01.26 08:05
    뉴스 메뉴 보기
    米国のバイデン大統領(左)とロシアのプーチン大統領(右)
    TOP