주요 기사 바로가기

【コラム】社会的信頼がなければコロナ災害の克服は難しい=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.25 13:48
0
災害時の心理的変化を図式化すると次のようになる。

(1)災害が襲う前から警告と危険の信号を感知して不安を次第に感じて(2)災害が発生して衝撃と混乱・恐怖を経験するが(3)災害直後には利他主義的で英雄的な行動が現れて集団凝集力が強まる。(4)同時に社会構成員が助け合ったり支え合って強い社会的結束力を経験し、危機を克服できるという楽観的希望を持つようになる。(5)しかし時間が次第に経過してエネルギーが消耗し、忍耐力が落ち、現実の苦衷に直面すると、その間維持してきた希望が崩れ、期待に失望し、否定的で批判的な態度とともに怒りと憂鬱を感じるようになる。社会的分配が自身に不公正だと感じて不満が大きくなり、社会的結束が緩んでそれぞれ生き残りの利己的な生存の道に入る。フェイクニュースに影響されて混乱と葛藤を感じることもある。(6)そして長い回復の時間の間、時には感情の起伏を経験して社会を新たに構成していく。

その状態は災害以前とは肯定的にも否定的にも別の状態になることはもちろんだ。残痕は残るが、時には災害を克服してさらに成長した状態になれる変化だ。この過程は米国薬物乱用・精神衛生管理庁(SAMHSA)が紹介する「災害の段階」としてよく知られている。

 
◆混沌・適応が混在する現在

それなら果たして私たちは今までどのような段階を経験し、今どのあたりまで来ているのだろうか。すでに以前、環境破壊に伴う気候危機、グローバル化による急速な拡散可能性などの脈絡で、新型インフルエンザ・中東呼吸器症候群(MERS)等の伝染病を繰り返し経験してきたので、いつか直面する災害の兆候を漠然とではあるが感じていた。

だが、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の及ぼす衝撃がここまで強力だと予想した人はほぼいなかったに違いない。あっという間に全世界を襲ったパンデミックの衝撃を経験した直後には医療スタッフの献身的な犠牲と大韓民国特有の躍動的な政策を通じて成功を収めた防疫システムにアルファベット「K」を冠して誇りに感動した英雄的大韓民国の時間があった。同時に支え合って協力する共同体意識があふれた「ハネムーン期間」があったのも事実だ。そして今は混沌と適応が混在する現実の時間ではないだろうか。社会全体のために苦痛に耐えてきた一人一人の犠牲はもう限界に至り、抑えられて制限を受ける自由にも疲れつつある。時にはSNSにあふれる非科学的なフェイクニュースと陰謀説に考えが揺らぎ、パンデミック以前の自由を渇望して鬱憤を感じる人も多い。同時に災難から克服して適応するために孤軍奮闘している。そのようにして私たちは長く苦しいトンネルを通過しようとしているところだ。

問題は未来が楽観的な回復だと確定したわけではない点だ。自然に与えられる回復はない。犠牲を最小化して成功裏に克服するのか、でなければ共同体崩壊の破局につながるのか、私たちは岐路に立たされている。

【コラム】社会的信頼がなければコロナ災害の克服は難しい=韓国(2)

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】社会的信頼がなければコロナ災害の克服は難しい=韓国(1)

    2022.01.25 13:48
    뉴스 메뉴 보기
    社会的信頼がなければコロナ災害の克服は難しい
    TOP