주요 기사 바로가기

日本防衛相「北朝鮮、日本を射程に収める弾道ミサイルを数百発保有」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.25 07:35
0
岸信夫防衛相は24日、「北朝鮮は我が国を射程に収める弾道ミサイルを数百発保有している」と明らかにした。

岸氏はこの日、衆議院予算委員会に出席した席で最近相次いだ北朝鮮のミサイル試験発射に関連する質問を受けてこのように答えた。

これに先立ち、防衛省は昨年7月13日に発表した2021年防衛白書で、北朝鮮の弾道ミサイル能力についての解説で「北朝鮮は、わが国を射程に収めるノドンやスカッドERといった弾道ミサイルについては、実用化に必要な大気圏再突入技術を獲得しており、これらの弾道ミサイルに核兵器を搭載してわが国を攻撃する能力を既に保有しているとみられる」と分析していた。

この日岸氏は「(北朝鮮は)極めて速いスピードで弾道ミサイル開発を継続的に進めている」とし「特に、昨年9月以降、極超音速ミサイルと称するものや変則軌道で飛翔する弾道ミサイルなどを立て続けに発射した」と説明した。

続いて「今年に入ってからも、2週間のあいだに4回という極めて高い頻度で、また鉄道からの発射や水平軌道を含む変則的な軌道の可能性がある飛翔といった新たな対応での発射を繰り返している」と説明した。

あわせて「これらを通じて、北朝鮮が発射の兆候把握を困難とするための秘匿性・即時性や奇襲的な攻撃能力の向上、発射形態の多様化等、急速かつ着実な関連技術や運用能力の向上を図っていることは明らかだ」と評価した。

岸氏は「一連の弾道ミサイル発射を含む北朝鮮の軍事動向は我が国の安全に対する重大かつ差し迫った脅威」としながら「地域および国際社会に対する平和と安全を著しく損なうものと認識している」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP