주요 기사 바로가기

「動物虐待」論議のKBSドラマの馬、結局死亡…「ドラマ廃止」の世論拡大

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.21 10:43
0
KBS第1テレビの大河ドラマ『太宗イ・バンウォン』の撮影現場で動物虐待が発生したという疑惑を受け、KBSが誤りを認めて謝罪した。

KBSは20日「『太宗イ・バンウォン』の撮影中に起きた事故に対して責任を深く痛感し、お詫びを申し上げる」という立場を出した。

KBSは「事故は11月2日、『太宗イ・バンウォン』第7話で放映された李成桂(イ・ソンゲ、キム・ヨンチョル扮)の落馬シーンを撮影する途中で発生した」として「撮影当時、俳優が馬から遠く落ちて馬の上体が土地に強くあたる事故が発生した」と話した。

また「事故直後、馬が自ら立ち上がり外見上負傷がないという点を確認した後、馬を送りかえした」として「だが、最近馬の調子を心配する視聴者たちが増え、馬の健康状態を改めて確認したが、残念なことに撮影して1週間ぐらい後に馬が死亡したという事実を確認した」明らかにした。

KBSは「このような残念なことが発生した点、深い責任感を持たざるを得ない」として「事故を防止できず、不幸なことが起きた点に対して視聴者の方々に繰り返しお詫びを申し上げる」と頭を下げた。

同時に、「KBSは今回の事故を通じて落馬撮影方法に問題があるという点を確認した」として「二度とこのような事故が再発しないように他の方式の撮影と表現方法を講じる」と話した。

KBSは「また、各種撮影現場で動物の安全が保障されることができる方法を関連団体と専門家たちの助言と協力を得て探したい」として「もう一度、視聴者の方々と動物を愛される方々に心よりお詫び申し上げる」とした。

17日KBS視聴者権益センターに「ドラマの第7話で李成桂が落馬した馬は生きているんですか?」というタイトルで投稿された。

請願者は「(『太宗イ・バンウォン』の)第7話に出演した李成桂の落馬シーンで馬が土地に打ち付けられた」として「馬を強圧的に調整しなければあのような姿勢になることができないはずだが、ひょっとして前脚を括り付けて撮影したのではないか」と疑惑を提起した。

また「前脚が倒れるとき、異常に揃えられていた」として「撮影した馬はどうなったのか。馬が生きているのか正確な回答をお願いする」と書いた。

その後、動物自由連帯もインスタグラムを通じて当時撮影場面を公開して「明白な動物虐待」と批判した。動物自由連帯はこの日「多くの人々が心配したように、馬を倒れさせるシーンを撮影するとき、馬の脚をワイヤーに括り付けて強制的に倒れさせた事実を確認した」と明らかにした。

また、「ワイヤーを利用して馬を強制的に倒す過程で、馬は体に大きな無理が生じるほどひどく倒れ、落馬した俳優も負傷が疑われるほど危険なやり方で撮影が行われた」と指摘した。

その後「撮影のために動物を小道具扱いにするKBSドラマ『太宗イ・バンウォン』の放映を中止して処罰してほしい」という青瓦台(チョンワデ、大統領府)国民請願が掲示されるなど論議は広がった。

KBS視聴者権益センターにも「動物を虐待するドラマはこれ以上観たくない」「『太宗イ・バンウォン』は廃止せよ」「動物虐待に対する責任を負わなければならない」など関連請願数十件が登録された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「動物虐待」論議のKBSドラマの馬、結局死亡…「ドラマ廃止」の世論拡大

    2022.01.21 10:43
    뉴스 메뉴 보기
    KBS 1ドラマ『太宗イ・バンウォン』の撮影中に動物を虐待したという論議が提起された。[写真 KBS、動物自由連帯インスタグラム]
    TOP