주요 기사 바로가기

韓国も新型コロナの「飲み薬」生産…製薬3社、ライセンス誘致

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.21 09:44
0
韓国でも新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)の経口用治療薬を生産する。

20日、保健福祉部は韓美(ハンミ)薬品、セルトリオン、トンバンFTLなど3社が米製薬大手メルク(MSD)が開発した新型コロナの飲み薬「モルヌピラビル(製品名「ラゲブリオ」)」の後発薬を生産して中低所得国105カ国に供給することになったと明らかにした。

福祉部によると、韓美薬品は後発薬の原料と完成品を全部生産する。セルトリオンは完成品、トンバンFTLは原料をそれぞれ生産する予定だ。

この日、医薬品特許プール(MPP)は経口用治療薬の生産企業として11カ国の27社を選定し、この中で3社が韓国企業だ。

徳チョル(クォン・ドクチョル)福祉部長官は「新型コロナワクチンとともに飲み薬の生産・供給を通じて新型コロナ終息に向けて韓国企業が寄与することをうれしく思う」として「国内生産への支援を惜しまない」と話した。

2010年設立されたMPPは各企業が後発薬を製造して安価で供給することができるように医薬品特許権所有者とライセンス契約を締結する国際協力団体だ。MPPは昨年10月MSD、11月にはファイザーとライセンス契約を結び、先月初めまで治療薬の生産を希望する企業の申請を受けて審査した。

MPPは現在、ファイザーの飲み薬「パクスロビド」の後発薬生産企業の選定のために審査中だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国も新型コロナの「飲み薬」生産…製薬3社、ライセンス誘致

    2022.01.21 09:44
    뉴스 메뉴 보기
    ファイザーの経口用コロナ治療薬(飲み薬)。[写真 ファイザー]
    TOP