주요 기사 바로가기

仮説ではなかった…新型コロナによる死亡率は女性より男性が高い理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.21 08:29
0
男性が女性より新型コロナで死亡する確率が大きいという仮説が統計で証明された。

20日(現地時間)、ニューヨークタイムズ(NYT)はハーバード大学研究チームが米国全域の死亡者統計を分析した結果、このような事実が確認されたと報じた。

ハーバード大学GenderSci Labが2020年4月から昨年12月まで米国50州とワシントンDCの新型コロナ統計を土台にした調査によると、発病率の場合、男女間これといった違いがなかったが、死亡率は男性が女性より高いと明らかになった。

マサチューセッツとロードアイランドなど2州では女性死亡率が多少高く、コネチカットなど9州では男女の死亡率が似ていたが、地域では男性の死亡率がさらに高かった。

ただし、研究チームはこのような結果が男女間生物学的な違いのためだと判断することはできないと指摘した。男女の遺伝子やホルモン、免疫体系の違いが新型コロナによる死亡率に影響を及ぼしたと見る根拠がないということだ。

代わりに、研究チームは男女間社会・行動的違いを原因に挙げた。ワクチン接種やマスク着用、手を洗うこと、社会的距離の確保など防疫指針に対しては男性より女性がさらに協調的ということだ。

研究チームはコロナ禍発生後、強力な防疫指針を施行したニューヨークを例に挙げた。ニューヨークの場合、コロナ禍の発生後初めての6週間は男性の死亡率が圧倒的だったが、防疫指針が施行されたら男女間死亡率違いが明らかに減った。また、公共交通や工場など致命率が高い現場労働者の中には女性より男性が多いという点も指摘された。

一部の研究者は依然として男女の生物学的な違いが新型コロナの症状に影響を及ぼすという主張を展開している。ジョーンズホプキンス大学のサブラ・クレイン教授は新型コロナに感染する場合、生物学的な違いで男性が重症に悪化する可能性が大きいと主張している。

クレイン教授は「新型コロナのように複雑な病気による死亡の場合、すべてのことが生物学的な違いのためだと言い難い」としつつも「しかし、男女間社会・行動的違いがこのような現象の原因だと断定することもできない」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    仮説ではなかった…新型コロナによる死亡率は女性より男性が高い理由

    2022.01.21 08:29
    뉴스 메뉴 보기
    新型コロナウイルス
    TOP