주요 기사 바로가기

バイデン大統領、プーチン大統領のウクライナ攻撃を予想…「ロシア、後悔するだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.20 15:08
0
バイデン米大統領は19日(現地時間)、ロシアのプーチン大統領がウクライナを侵略するものと予想すると述べた。ロシアは行動に対して責任を負わなければならず、米国と欧州が加える厳しい制裁により、すぐに後悔することになると警告した。

しかし、バイデン大統領はロシアの攻撃が全面的である場合と局地的である場合を区別し、NATO(北大西洋条約機構)加盟国間の代理制裁の水位に対する立場が分かれる可能性があると発言し、物議をかもした。

バイデン大統領はこの日、ホワイトハウス・イーストルームで開かれた就任1周年記者会見でロシアのウクライナ攻撃の可能性に関する質問に「彼(プーチン)が西側と米国、NATOを相手に重大な試験をするだろうか。すると思う」と答えた。

ロシアの侵略を予想するかと繰り返された質問に、バイデン大統領は「私の推測では彼は動く(move in)。彼は何かしなければならないだろう」と述べた。

そして「(プーチンが)今は自分が支払うことになる代償を分かっていないが、最終的に深刻で重要な代償を支払うことになるだろう」とし「そのような行動をしたことを後悔すると思う」と述べた。

バイデン大統領は、米国と同盟が課す制裁は強力だと述べ、ロシアの銀行がドル決済をすることができなくなるとし、ロシアの欧州に対するガス輸出に言及した。

ニューヨークタイムズ(NYT)は、バイデン大統領の発言は、前日にホワイトハウスと国務省が示した、まだプーチン大統領が侵略するかどうか決定を下していないという情報判断と異なると指摘した。

◆バイデン大統領、軽微な侵入と全面攻撃を区別して議論

バイデン大統領はロシアの軽微な侵入と全面的侵略を区分し、攻撃の態様によって対応が変わる可能性があると解釈できる発言をした。

バイデン大統領は「もしロシアが軽微な襲撃(minor incursion)をする場合、どのような制裁をするかをめぐり争いがあるだろう」とし「ロシアがウクライナを侵略(invasion)すれば災いになるだろう」と述べた。また、「プーチンは全面戦争(full-blown war)を望んでいないようだ」と述べた。

この発言は、ロシア軍がウクライナ国境を越える全面戦争のような侵略を強行すれば容認しないが、そこに至らない部分的侵入の場合、米国を含むNATO加盟国間の制裁水位に異見がある可能性があるという意味で受け止められた。

NYTは、この発言も参謀の意見と相反すると指摘した。ホワイトハウスと国務省の高官は最近、バックグラウンド・ブリーフィングで小さな攻撃と大きな攻撃について米国の対応には差がないという立場を繰り返し強調してきた。先週、国務省の高官は「侵略は侵略だ」とし、大小の区分はないと強調した。

ウクライナは、米国がロシアの小規模攻撃に「グリーンライト(green light)を出したのか」と反発した。ホワイトハウスは記者会見直後、ジェン・サキ報道官名義の声明を配布し、釈明した。

サキ報道官は「バイデン大統領は長い経験からロシアがサイバー攻撃や不法武装団体戦術など、軍事行動に若干及ばない攻撃戦術を幅広く保有していることをよく知っている」とし「ロシアがこのような侵略行為をした場合、決定的かつ相互的、団結した反応に直面するだろう」と述べた。

バイデン大統領は記者会見やメディアのインタビューでしばしば事前に準備した回答から逸脱した発言をし、ホワイトハウスが事後に資料を配布して事態を収拾する場合があるが、今回もそのようなケースだったと米国メディアが伝えた。

◆1時間51分間の会見、北朝鮮核問題に言及なし

バイデン大統領のこの日の記者会見は1時間51分間続いた。バイデン大統領は冒頭発言でワクチン接種率の増加、雇用創出、失業率の低下を就任から1年の成果として紹介した。

バイデン大統領は「私が就任した時、200万人だったワクチン接種者は2億1000万人に増加し、過去最多の年間雇用600万件を作り、失業率は3.9%に大幅に落ちた」と述べた。

13分間続いた冒頭発言で、北朝鮮の非核化への言及はなかった。その後行われた1時間40分間の質疑応答でも北朝鮮の核問題は取り上げられなかった。

バイデン大統領が記者会見を始めた午後4時(韓国時間20日午前6時)に北朝鮮は官営メディアを通じて核と大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験再開を検討する可能性があると発表したが、これに関する質問は出なかった。

◆「対中関税撤回?まだそこに達していない」

この日、ロシアのウクライナ侵略問題のほか、外交に関する質問はイラン核合意と中国製の製品に課している関税を撤回するかどうかだった。バイデン大統領はイラン核合意に「若干の進展がある」とし、「あきらめる時ではない」と答えた。

対中関税撤回を始める時期になったと思うかという質問には、バイデン大統領は「答えは『よく分からない』だ。中国が約束を守っていると言える位置に居たいが、我々はまだそこに達していない」と述べた。中国が一次貿易合意で約束した米国産農産物などの購入を履行していないという意味だと解釈される。

ホワイトハウスの出入記者は、バイデン大統領の支持率低下、大統領の核心公約のより良い再建(Build Back Better)法案立法の失敗、選挙権拡大法案通過の失敗など、質問時間を米国政治の話題で満たした。24人の記者に質問の機会が与えられた。

2020年の大統領選挙でバイデン大統領を支持したが、今は国政遂行に不満を持っている中道派や無所属の有権者をどうやって取り戻すか戦略があるかという質問に対し、バイデン大統領は「私は世論調査を信じない」と一蹴した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP