주요 기사 바로가기

韓国、恐ろしく拡大するオミクロン株…あす感染者7000人台の可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.20 07:50
0
オミクロン株の影響が本格的に現れ、患者が急増する兆しを見せる。19日新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)新規感染者が5000人台となり、オミクロン株の「対備段階」に入って当局は事前警告状況だと知らせた。政府が去る14日発表したオミクロン株の拡大対応戦略によると、感染者が7000人を超える場合「対応段階」に切り替える。当局は今週中に感染者が7000人台に高騰し、このような戦略転換の基準に近寄るものと見通している。「対応体制」への転換を準備しながら、この日からオミクロン株感染者を在宅治療の対象者に含むことにした。

この日、中央防疫対策本部は新規感染者が5805人で20日ぶりに5000人を超えたと明らかにした。前日に比較して一日で1734人増えた。

今月に入り、3000~4000人台の感染者が発生し、安定した傾向を見せたが、1月第2週目にオミクロン株の検出率が26.7%に上昇して拡大傾向が本格化したと分析される。光州(クァンジュ)・全南(チョンナム)ではオミクロン株感染者が80~90%を超えた。19日午後9時を基に準全国感染者は計5249人となり、前日同じ時間(4846人)に比べて403人多いことが分かった。一週間前である12日同時間帯の集計分である3485人に比べると1764人多い。

中央防疫対策本部のチョン・トンリョン総括調整チーム長は「21日前後にオミクロン株変異の優勢化の可能性があると考える」として「ほぼ同じ時期である21日前後に(防疫)戦略転換基準となる7000人に達すると予想する」と話した。

当局は直ちにこの日からオミクロン株に感染した感染者も在宅治療の対象者に転換すると発表した。政府は今までオミクロン株感染者の場合、原則的に生活治療センターや感染病専門担当病院に入所・入院することを原則にしていた。だが、これからはデルタ株感染者と同様に在宅治療をすることにした。中央事故収拾本部のソン・ヨンレ社会戦略班長はこの日、記者会見で「生活治療センターは危険性がある高齢層、基礎疾患者などに集中配分する計画」と話した。

政府は一日に7000人以上の感染者が発生する状況に備えた準備も継続すると明らかにした。7000人前までは最大限拡大抑制に焦点を合わせながら従来の方針を継続する一方で、7000人以上から変化する診断検査・疫学調査・隔離解除期間の縮小などに対する検討を継続するという方針だ。ただし「対応段階」で本格的に施行される予定だった、疫学調査効率化はもう少し繰り上げられる可能性があると説明した。一日に感染者7000人が発生する前でも経口用治療薬の投与が必要な高危険群を中心に疫学調査の対象者を縮小することができるということだ。

反面、PCR検査の場合、一日に85万件まで可能なので、一日感染者1万人までは現在の検査体制を継続するものと見られる。ただし、1万人を超えれば高危険群・有症状者を中心に優先順位を決めてPCR検査を受けることになる。その他には町内病院で迅速抗原検査を先に受ける。町内病院まで新型コロナの検査・治療を拡大すれば感染への懸念が高まるのではないかという指摘に対して、政府関係者は「医療機関内に頻繁な喚起と患者待機室の距離の確保など最大限予防する方向に進むべきだ」とし、「若干の危険は甘受するしかない」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、恐ろしく拡大するオミクロン株…あす感染者7000人台の可能性

    2022.01.20 07:50
    뉴스 메뉴 보기
    厳しい寒さとなった18日午後、大田の新型コロナ選別検査所で、医療従事者が冷たくなった手をこすっている。
    TOP