주요 기사 바로가기

韓国銀行「韓国の炭素生産性、米国の88%水準」

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.19 15:23
0
韓国の炭素生産性(炭素排出量比国内総生産)がまだ主要先進国より低いことを受けて、環境や成長などをすべて考慮した政策が必要だという指摘が出た。

韓国銀行(韓銀)が19日に発表した報告書「気候変動が生産性に及ぼす影響」によると、経済協力開発機構(OECD)の調査結果、2018年基準で韓国の炭素生産性は米国水準を100とした場合、88にとどまった。

炭素生産性は基準単位になる炭素排出量あたりに生産できる国内総生産(GDP)の大きさで、温室効果ガス濃度の安定化と経済成長をすべて達成するために開発された生産性指標だ。

韓銀は報告書で「世界経済が気候危機の克服と経済成長という2つの政策目標を達成するためには炭素生産性向上がさらに加速化しなければならない」と明らかにした。

あわせて「気候変動が生産性に及ぼす否定的影響を抑制し、肯定的影響を最大化させるためには一貫性のある政策運用などで不確実性を低めなければならない」とし「技術革新を通したエネルギー転換と低炭素事業化など根本的産業体質変化も必要だ」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP