주요 기사 바로가기

ホワイトハウス「極めて危険な状況…ロシア、いつでもウクライナ攻撃の可能性」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.19 14:41
0
ロシアのウクライナ侵攻の可能性をめぐる米国・ロシア間の葛藤がピークに向かっている。ジョー・バイデン米政権は18日(現地時間)、ロシアのウクライナ侵攻が差し迫っていると警告した。この日、トニー・ブリンケン米国務長官は、ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相との会談のためにワシントンを発った。

ジェン・サキ・ホワイトハウス報道官は、定例記者会見でロシアがいつでもウクライナを侵攻する可能性があると見ているとし、ウクライナ国境地域に「極めて危険な状況」が造成されていると述べた。

サキ報道官は「我々の見解は、今は極めて危険な状況(extremely dangerous situation)ということ」とし「今ロシアはウクライナに対していつでも(at any point)攻撃を開始しかねない段階に来ている」と述べた。

ホワイトハウスの警告が出た日、ブリンケン長官はウクライナとドイツを経て21日(現地時間)、スイス・ジュネーブでラブロフ外相と交渉するために出国した。

サキ報道官は、ブリンケン長官が交渉でロシア側に「緊張を緩和させるための即時的措置を取ることを促す予定だ」と述べた。

サキ報道官は「ブリンケン長官がやるべきことは外交的に進む道があることを明確に強調すること」とし、「深刻な経済的悪影響を経験するかどうかを決定するのはプーチン露大統領とロシア人の選択」と述べた。

サキ報道官はこの日、記者会見でロシアに対する経済制裁カードとしてロシアとドイツを結ぶガス管「ノルドストリーム2」事業の中断を検討する可能性があると警告した。ガス管の接続を中断すれば、ロシアに経済的打撃を与える可能性があるが、そのためにはドイツの協力が必要だ。

ブリンケン長官はドイツを訪問し、オーラフ・ショルツ首相とこの問題を議論する予定だ。ショルツ首相はガス管中断協力について明言していなかったが、同日、イェンス・ストルテンベルグNATO(北大西洋条約機構)事務総長との共同記者会見で米国に協力する可能性があるという立場を示した。

ショルツ首相は「ウクライナへの軍事的介入がある場合、すべての問題が議論の対象であり、ロシアが大きな対価を支払わなければならないことは明らかだ」と述べた。ドイツでは英国とフランスの外相とも会い、ロシア侵攻時の対応を議論する予定だ。

サキ報道官は、ロシアの国際銀行間通信協会(SWIFT)決済システムへのアクセスを遮断する可能性も依然としてオプションだと述べた。米国政府はウクライナ内の親ロシア派に対する資産凍結も検討中だとウォールストリートジャーナル(WSJ)が報じた。米国がNATOを通じてウクライナに武器を追加支援する方案を検討しているとCNNが報じた。米国はロシアとの会談前に制裁を発表する可能性があると米メディアが伝えた。

ホワイトハウスの他にも、バイデン政権の高官もロシアのウクライナ侵攻の可能性について懸念を示した。

リンダ・トマスグリーンフィールド米国連大使はこの日、ワシントンポスト(WP)のインタビューで「(ロシアの)行動は彼らがウクライナを侵攻する計画を持っていることを暗示する動きを見せている」と述べた。

ジョン・カービー国防総省報道官は定例記者会見で「ロシアに緊張を段階的に緩和させる意思があるというサインや兆候はない」と述べた。

政治専門媒体ポリティコは先週、米国とロシア、同盟国間の会談が戦争に向けたモメンタムを阻止できなかったことを受け、米国行政部の高官らが公開的に警鐘を鳴らす発言をしていると説明した。

ロシアがウクライナ東部地域で「偽装作戦(false-flag operation)」を繰り広げる工作員を配置し、ウクライナを攻撃する大義名分作りを始めたという米国情報当局の分析も、米国が警戒心を高めるのに影響を与えた。

都心での戦闘訓練と爆発物使用訓練を受けた工作員がウクライナの兵力に偽装し、ロシア代理軍を相手に攻撃を始めれば、これを大義名分としてロシア軍がウクライナに進入するというシナリオだ。

ジェイク・サリバン・ホワイトハウス国家安保補佐官は13日、「ロシアはサボタージュ活動や情報作戦など侵攻の口実を操作できるオプションを持つためにウクライナが東部地域でロシア軍に対する即時攻撃を準備しているという主張の土台を用意している」と述べた。

米国は経済制裁の可能性に言及してロシアを圧迫しつつも、外交的解決の可能性はまだ生きていると強調した。国務省高官は、電話会見で米露外交長官会談の開催は「外交がまだ死んでいない」ことを示していると述べた。

この関係者は「我々は意味のある相互対話を通じて、ロシアと安保問題について引き続き関与する用意ができている」とし「ロシアも同じ用意準備ができているのか、今週金曜日に分かるだろう」と述べた。今回の会談をどちらが先に提案したかは明言しなかった。

ロシアはウクライナの国境沿いに約10万人以上の兵力を集結させた。17日にはウクライナの北に位置するベラルーシに軍兵力と軍事装備を移動させた。

ロシアとベラルーシは来月10~20日に実施する合同軍事演習のための移動だと説明したが、ロシアが北側からもウクライナを圧迫しかねない形勢になる。

ワシントンポストは「現在、米国の官吏はロシアが提示した要求事項を拒否することに決めた場合、一部の軍事専門家が言及している『数十年間で欧州最大の地上戦』が引き起こされるか推測している」と報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP