주요 기사 바로가기

ウォン下落幅大きい理由…原材料・中国・投資資金流出が原因

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.19 11:35
0
昨年からドルに対しウォンが大きく下落しているのは、高い原材料価格、中国の景気鈍化、外国人投資資金流出などが原因という分析が出された。

韓国銀行経済研究院国際経済研究室は18日、「最近のウォン安原因の分析」と題する報告書で、「2021年の外貨資金需給状況と経済ファンダメンタルズが良好にもかかわらず為替相場はドルインデックスと主要新興国の対ドル相場と比べ急速にウォン安が進み、その他通貨に対しても弱さを見せた」と明らかにした。

報告書は原因として国際原材料価格上昇を挙げた。韓国経済は海外原材料への依存度が高く、価格上昇による貿易条件と経常収支の悪化の可能性がある。報告書は「国際原材料価格上昇が韓国経済に相対的にさらに否定的な影響を及ぼしかねないという懸念が反映され、ウォンはその他通貨に対し劣勢を見せた」と分析した。

最近の中国の景気鈍化も為替相場に影響を与えている。報告書は「対中依存度が高い国であるほど今回のドル高期に中国の景気鈍化懸念による通貨下げ幅が相対的に拡大する傾向を見せている。韓国は高い対中貿易依存度により、ウォン相場がその他新興国通貨に比べ中国の景気鈍化懸念の影響を大きく受けた可能性が存在する」と話した。

外国人投資資金流出もウォン安要因に挙げられた。報告書は「グローバル投資家の株式ポートフォリオリバランシング過程で韓国に対する比率縮小で投資資金が流出しウォン安要因として作用している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP