주요 기사 바로가기

「KN-24実践配備」はばかることなく公言した北朝鮮

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.18 17:39
0
北朝鮮が、17日に平壌(ピョンヤン)の順安(スナン)飛行場付近から東北側海上に向け発射した短距離弾道ミサイルと関連し「戦術誘導弾検収射撃試験」と明らかにした。18日に朝鮮中央通信など北朝鮮メディアは発射場面を写した写真1枚と220字の短い記事を通じてだ。金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はこの日の試験発射現場は参観しなかった。

こうした簡単な北朝鮮メディアの「伝達」は、11日に金委員長が参観して進めた極超音速ミサイル発射当時と比較される。当時は5枚の写真と1270字の詳細な報道があった。

だが今回の試験発射と関連して北朝鮮は短信程度で伝えているが、韓国と米国に向けたある種のメッセージが込められていると評価される。

北朝鮮がこれまで使わなかった「検収射撃試験」という表現を使ったという理由からだ。韓国政府当局者は「多くの国、特に北朝鮮は新型兵器を実践配備することを外部に公開しないのが一般的。検収という単語は製作した兵器を実践配備する直前に軍に引き渡す次元の作業だが、北朝鮮がこれを公開したのは極めて異例」と話した。

北朝鮮がはばかることなく「実践配備をする」という意向を明らかにしたという意味だ。

韓国軍当局は北朝鮮が17日に発射したミサイルを目標物上空で子弾を散布する北朝鮮版ATACMSのKN-24とみている。北朝鮮が2019年8月に初めて公開したミサイルだ。「検収」という北朝鮮の主張が事実ならば、初めての試験発射から29カ月で実践配備に入ることになる。

年初から大量のミサイル発射に出た北朝鮮の新型ミサイル実践配備「予告」は韓国と米国に向けられた大量のミサイル示威行動とともに、直接的な脅威と指摘される。韓米の高高度防衛ミサイル(THAAD)システムでは防ぎにくい50キロメートルの低高度飛行ミサイルを公開し、これを実践配備すると公言したためだ。

極超音速ミサイルとともに韓米軍当局の迎撃能力を難しくするミサイルを通じて「対決か対話か」の二者択一をするよう一種の圧迫をした格好だ。

北朝鮮は昨年末に開かれた朝鮮労働党中央委員会第8期第4回総会で3日間にわたり対韓国・対米戦略を協議する分科討論会を開催した。だが「多事にわたる変化の多い国際政治情勢と周辺環境に対処して北南関係と対外活動部門で堅持すべき原則的問題と一連の戦術的方向を提示した」とだけ明らかにした。北朝鮮が公開した短めの会議の結論が結局はミサイルカードであり、年初からミサイル発射という「行動」に続き「短い言葉の爆弾」を通じてはばかることなく脅威を加重させている様相だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP