주요 기사 바로가기

着々と実戦配備される北朝鮮の戦術核ミサイル、長距離ロケット発射も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.18 14:44
0
北朝鮮が17日に発射した短距離弾道ミサイルは「北朝鮮版エイタクムス(ATACMS)」と呼ばれるKN-24であることが確認された。18日の朝鮮中央通信の報道によると、17日朝に平壌(ピョンヤン)順安飛行場で戦術誘導弾検収試験射撃が実施された。

公開写真をみると、形はKN-24だった。朝鮮中央通信は東海(トンヘ、日本名・日本海)の島の目標を精密打撃したと伝えた。14日のように咸鏡北道花台郡沖の島に作った標的地に落ちたということだ。

韓国軍の合同参謀本部は、北朝鮮が4分間隔で2発を連続発射したKN-24は高度約42キロ、最高速度マッハ5前後で約380キロを飛行したと発表した。

米国の戦術誘導武器エイタクムスと形が似たKN-24は2本の発射管を装着した移動式ミサイル発射台(TEL)に搭載される。平壌から発射すれば忠清南道鶏龍台(ケリョンデ)の陸海空軍本部を攻撃できる射程距離(400キロ前後)だ。

KN-24は低高度を飛行し、通常の弾頭でサッカー場3、4個分の地域を焦土化できる。戦術核も搭載可能だ。

今回「検収」という用語を使った背景には、KN-23がすでに大量生産中という意味がある。軍関係者は「連続射撃能力、正確度向上レベルで実施された射撃と分析している」と述べた。

14日の「北朝鮮版イスカンデル」KN-23の試験発射について、北朝鮮メディアは「鉄道機動ミサイル連帯の検閲射撃訓練」と報じた。運用部隊にまで言及した。軍当局は、北朝鮮が戦術核搭載可能な短距離弾道ミサイルKN-23、KN-24を共に戦略軍に配備したと把握した。

ミサイル専門家のクォン・ヨンス元国防大教授は「北は年初に4回もミサイルを発射しながら米国の制裁に抗議している」とし「ただ、17日の武力示威について『検収』という表現を使い、報道内容もローキー(low-key)にしたのは、それなりに程度の調節をしながら米国の行動変化を待つというメッセージを発信しているようだ」と説明した。

問題は米国が北朝鮮の動きに反応しないケースだ。今年の4月15日は金日成(キム・イルソン)主席誕生110周年となる。北朝鮮は5周年、10周年を重要視する。

ハンピョン政策研究所のチョン・デジン平和センター長は「米国が北朝鮮問題に関心を向けず、5月に発足する韓国の新政権が融和的でないと判断すれば、金日成誕生日に人工衛星打ち上げを名分に長距離ロケットを発射する可能性がある」と懸念した。

国連安全保障理事会は2006年7月の決議(1675号)で、北朝鮮の弾道ミサイル技術を適用した飛翔体活用など人工衛星の発射まで禁止している。チョン・センター長は「北は宇宙の平和的利用のための目的だと強弁するだろう」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP