주요 기사 바로가기

尹錫悦大統領選候補夫人「私が政権を手にすれば」発言公開…泥沼化する大統領選挙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.18 08:56
0
韓国野党「国民の力」大統領選候補、尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏の妻であるキム・ゴンヒ氏の「7時間通話」報道に関連し、「本放死守」〔鄭清来(チョン・チョンレ)・高ミン廷(コ・ミンジョン)議員ら)を叫んでいた与党「共に民主党」はこの日「コンジン法師」に矛先を転じた。この日、あるメディアは「コンジン法師」が尹キャンプの顧問だと報じた。

与党大統領候補の李在明(イ・ジェミョン)氏が「シャーマンが国政を決めてはいけない」という趣旨で言及したのに続き、田溶冀(チョン・ヨンギ)選対委報道官は「国政壟断と弾劾で国民全員が巫俗人(神と人間の間をつなぐ人々)の国政介入トラウマがあると言っても過言ではないのに、あからさまに親交のある巫俗人を選対委顧問に参加させたというから驚く」としながら「尹キャンプに巫俗関連の核心関係者がいた」と攻撃した。

にもかかわらず「キム・ゴンヒ波紋」を期待していた民主党支持層では「キム・ゴンヒ悪材料を好材料に変える奇跡を見せている」(リュ・グン詩人)等の不満そうな声も聞かれた。選対委関係者は「放送された内容を注意深く聞いていれば明らかに問題になりそうな発言なのに、即刻的な世論では『キム・ゴンヒ・リスクが解消された』という雰囲気があるのも事実」と話した。

国民の力は反撃に出た。権寧世(クォン・ヨンセ)選対本部長はこの日の会議で「さらに卑劣でさらに悪辣な政治観淫症を悪用し、候補配偶者に雪ぐことができない烙印を押して政権を奪おうと好き勝手している」と批判した。ユン・ヒソク公報特補はラジオで「親しく呼び合いながら『そこ行けばいくらくれるのか』とこのような話をしているが、これは一般的な記者・取材源の関係ではない」として私的な対話だったことを強調したほか、キム・ウンヘ公報団長もCBSラジオに出演して「チャネルAがやられた、おとり報道の第2弾」と指摘した。

キム氏関連の追加暴露も登場した。「7時間通話」録音ファイルを報道したMBC(文化放送)のチャン・インス記者はこの日ラジオに出演して「(キム・ゴンヒさんが)『私が政権を取れば(そこは)完全に無事ではないだろう。権力というのは取れば捜査機関が自ら判断して立件して捜査する。権力はだから怖い』このような発言を自身に批判的なジャーナリストを相手にした」と話した。

チャン記者は「尹候補の行動、キャンプの戦略や方向といったものにキム氏が相当部分介入している情況が話の間からにじみ出ている」とも話した。

インターネットメディア「ソウルの声」ペク・ウンジョン代表もこの日のインタビューで「キム氏はこのような話をしている。『チョ・グク前長官や情景芯(チョン・ギョンシム)教授がもう少し静かにしていたら私たちは拘束しようとしなかった』と」と明らかにした。続いて「これは尹錫悦当時検察総長がキム氏と話をしていたか、あるいは(尹氏が)キム氏にそのような意向を示していたから、キム氏がそのような話をしたのだと考える」と主張した。

この渦中に保守指向のYouTube(ユーチューブ)チャネル「カロセロ(縦横)研究所」は前日(16日)、李在明(イ・ジェミョン)候補の「兄嫁悪口」音声ファイルを公開した。「キム・ゴンヒ7時間通話録音収録」に正面から対抗する格好だ。カロセロ研究所が公開した4分25秒の音声ファイルには李氏が過去に義姉と激しい口調でやり取りした通話録音はもちろん、李氏の妻のキム・ヘギョン氏が甥姪をやり込めるような通話内容も含まれている。これに先立ち、選管委は先月16日に有権解釈を通じて「李候補の悪口が含まれた録音ファイルの原本をそのまま流すだけでは候補者誹謗罪とみることはできない」とした。

このように激しさを増す与野の黒色宣伝攻防に対して、韓国外大のイ・ジェムク教授は「政治に対する嫌悪だけを深化させている」としたほか、時代精神研究所のオム・ギョンヨン所長は「政党の存立根拠および民主主義に対する信頼を傷つけている」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP