주요 기사 바로가기

尹錫悦大統領選候補夫人の録音公開…与党は沈黙、野党「問題になるものない」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.17 13:34
0
キム氏はこの日、放送前にMBC側に送った書面の回答を通じて「尹候補の政治活動に関与していないだけでなく、選挙キャンプのことにも関与しなかった」と明らかにした。「#MeToo」関連の発言については「性搾取をした一部進歩の人々を批判する過程から出た不適切な話で、国民の皆さんに申し訳ないと考えている」と話した。

放送後、国民の力からは概して「大きく問題になるような部分はない」という反応が出てきた。李俊錫(イ・ジュンソク)代表はフェイスブックで「候補の配偶者が政治や社会懸案に対して本人の観点を表わすのは問題になり得ない」とし「候補の家族がキャンプを構成するために積極的に要人を迎え入れることも全く問題になることではない」と記した。金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表は電話で「イ・ミョンス氏は明白な取材倫理違反であり、不法な証拠であることを知りながら放送で流したMBCも共犯」と批判した。李亮寿(イ・ヤンス)首席報道官は論評で「政治的中立性を傷つけた不適切な放送」としながら「李在明(イ・ジェミョン)民主党候補の親族蔑視発言も同じ水準で放送されるべき」と攻勢をかけた。

与党「共に民主党」は言葉を控えた。権赫基(クォン・ヒョクギ)選挙管理委員会副本部長は放送前に「きょうのMBC『ストレート』放送以降、公報団はコメントを出さない」と公示した。民主党関係者は「ウワサの祭りに食べるものはなかった。有権者投票者の心に大きく影響を与えることはないものとみられる」と話した。

この日の放送をめぐり、国民の力の一部では「キム氏がなぜ実体もよく分からず尹候補に敵対的なインターネットメディアと危険な対話をしたのか理解できない」(初当選議員)という反応も出てきた。この日の放送によると、イ氏はキム氏を「ヌニム(年下の男性が年上の女性を呼ぶときの呼称)」と、キム氏はイ氏を「ウリトンセン(年下男性を親しく呼ぶときの呼称)」と呼ぶなどフレンドリーな雰囲気の中で会話を進めた。匿名を求めた選対委関係者は、電話取材に対して「母親の法廷拘束問題で心の余裕がなかったキム氏に対して、イ氏が狙いを隠してサポートするかのように接近し、これを純真に受け入れたキム氏がだまされた格好」と話した。

尹候補はこの日、放送前に取材陣と会って「放送の内容について知っているものはない。言及しないほうが良さそうだ」とし「私がいま番組を見る時間がどこにあるか」と話した。李在明候補は同日、束草市(ソクチョシ)のある教会で礼拝を終えた後、「特別な意見はない」と短かく答えた。 【コラム】ゾンビ企業の先制的構造調整、これ以上先送りできない=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP