주요 기사 바로가기

<韓国光州マンション外壁崩落>建設会社HDCグループ株、時価総額5000億ウォン蒸発

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.14 10:37
0
11日、光州(クァンジュ)マンション崩壊事故の影響でHDCグループ株価が一斉にこれまでの最低を更新するなど下落が続いている。

13日、有価証券市場でHDC現代産業開発は前営業日比1.2%下落した2万600ウォンで取引を終え、2020年11月以降最も低い終値を一日で更新した。取引中、一時6.47%下落した1万9500ウォンまで下がった。

持株会社であるHDCも前日比4.3%下落した8790ウォンに、HDCラボズは1.41%下落した1万500ウォンでそれぞれ取引を終えた。

HDCグループ株の劣勢は光州(クァンジュ)マンション外壁崩落事故以降から続いている。12日のHDC現代産業開発の終値は前日(11日)比19.02%急落した2万850ウォンを記録した。HDCとHDCラボズもそれぞれ12.89%、7.39%下落した。

株価が大幅に下がり、時価総額も大きく目減りした。この日の終値基準でHDC現代産業開発の時価総額は1兆3577億ウォンで、11日1兆6971億ウォンに比べて3400億ほど少なくなった。

HDC現代産業開発とHDC、HDCラボズ3社のこの日の時価総額合計は2兆1344億ウォンで、事故当日2兆6259億ウォンから4915億ウォン蒸発した。

11日、光州西区花亭(ファジョン)の現代アイパーク新築工事現場では外壁が崩落する事故が発生した。該当マンション団地はHDCグループのHDCアイエンコンスが施行を担当し、HDC現代産業開発が施工した。HDC現代産業開発は昨年6月再開発地区の撤去作業中に建物崩壊惨事が発生した光州鶴洞(ハクドン)4区域の施工主でもある。

今回の花亭マンション外壁崩落事故直後、現場にいた下請会社の作業員6人が行方不明となり、当局の救助活動が続いている。13日午前11時14分ごろには現場で男性とみられる1人が発見された。この男性は行方不明になっている作業員の1人ではないかとみられている。

光州市は前日、HDC現代産業開発が市内で行っているすべての工事に対する施行中止命令を下したことに続き、13日には事故が発生した建物を撤去して再施工する方案を検討中だと明らかにしたことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓国光州マンション外壁崩落>建設会社HDCグループ株、時価総額5000億ウォン蒸発

    2022.01.14 10:37
    뉴스 메뉴 보기
    外壁が崩壊した光州市の新築マンション工事現場。フリーランサー チャン・ジョンピル
    TOP