주요 기사 바로가기

iPhone13が中国で好調のアップル…サムスンも再挑戦に拍車

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.13 17:33
0
アップルが中国のスマートフォン市場で6週連続販売台数1位を記録した。サムスン電子は中国事業革新チームを中心に1%以下に急落した中国市場で再挑戦に出る。

市場調査会社のカウンターポイントリサーチが13日に明らかにしたところによると、アップルは昨年12月最終週に中国のスマートフォン市場で販売台数1位を占め6週連続首位を守った。iPhone13が発売された39週目(昨年9月20~26日)以降で見ると、14週のうち9週で1位を記録した。47週目以降は中国のvivoやOPPOとの格差をさらに広げ確固とした1位を維持した。

カウンターポイントリサーチは「中国でiPhone13の出庫価格が前作より引き下げられ、高価格市場の競合であるファーウェイが米国の貿易制裁により振るわず現れた結果」と分析した。

iPhone13シリーズでは基本モデルが51%を占め最も多く売れた。次いでiPhone13Pro Maxが25%、iPhone13Proが21%)、iPhone13miniが5%の順だった。

カウンターポイントリサーチのカン・ミンス研究員は「ファーウェイの製品需給が限定的という点と高級スマートフォン市場で他の中国メーカーの低いシェアを考慮すると、アップルは高級ブランド認知度を基に中国市場で相当期間善戦する可能性がある。アップルの成功は中国再進出を狙うサムスン電子に示唆するところが大きい」と分析した。

サムスン電子は第3世代の折りたたみスマホ「ギャラクシーZフリップ3」「ギャラクシーZフォールド3」が中国で反響を起こしたのを契機に中国のスマートフォン市場で復活を狙う。昨年の組織改編時は韓宗熙(ハン・ジョンヒ)DX部門長(副会長)の直属で中国事業革新チームを新設した。

これと関連し、サムスン電子の盧泰文(ノ・テムン)MX部門長(社長)は5日に家電見本市の「CES2022」で記者らと会い、「中国はとても難しい市場。焦って急ぐよりしっかり準備して少しずつ改善したい」と明らかにした。続けて「さまざまな分析と悩みを基盤に携帯電話ビジネスも方向性をつかんでいる。こうした努力はまだ注目するほどの成果がないが、ブランド指標などの指数が少しずつ改善されている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP