주요 기사 바로가기

「頻繁なブースター接種はむしろ免疫力低下の可能性…インフルエンザのように打たなければ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.13 09:07
0
イスラエルなど一部の国で4回目の接種を進めている中、新型コロナウイルスワクチンを過度に接種するとむしろ免疫系に否定的な影響を及ぼしかねないという指摘が出た。

ブルームバーグが11日に伝えたところによると、欧州医薬品庁(EMA)はこの日、4カ月ごとに新型コロナウイルスワクチンを追加で接種すれば結局免疫力が低下する可能性があると警告した。各国はブースター接種の間隔を広げ、インフルエンザのように寒い季節を控えて接種するようにすべきというのがEMAの説明だ。

EMAのワクチン戦略責任者であるマルコ・カバレリ氏はこの日、「新型コロナウイルスワクチンを1度追加接種することはできるが、持続的に繰り返して接種するべきではない。われわれは現在のパンデミック(世界的大流行)状況をエンデミック(地域的流行)に転換する方法について考える必要がある」と話した。

こうした警告はすでに4回目の接種を進めているイスラエルでも出てきた。専門家で構成されたイスラエルのワクチン諮問委員会は昨年12月末に60歳以上の高齢層と免疫低下者らに4回目の接種を勧告したが、保健省はデータが十分でないとして承認を一時保留した。当時一部の科学者は複数回ワクチンを接種する場合にはむしろ免疫体系を疲弊させ、コロナウイルスと戦う身体能力を損なう恐れがあるとの懸念を提起した。

イスラエルの感染症専門家、シェバ・メディカルセンターのエヤル・レシェム教授はワクチン2回の接種とその後1回の追加接種だけでも十分な予防効果を得られると主張した。

レシェム教授はこの日CNBCとの電話インタビューで「ワクチンを3回接種する場合、比較的長期間免疫が持続し新型コロナウイルスによる重症化を防ぐことができる。変異に備えるため毎年ワクチンをアップデートしなければならないかもしれないが、オミクロン株の場合のように毒性が弱い場合、2~3回接種を完了したなら追加接種は必要ないかもしれない」と説明した。

現在イスラエルは高危険群を中心に免疫低下者、高齢層、医療関係者に4回目の接種を実施している。チリも前日免疫低下者を対象にした4回目の接種を始め、来月には3回目の接種から6カ月が過ぎた55歳以上の成人に対象を拡大する方針だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「頻繁なブースター接種はむしろ免疫力低下の可能性…インフルエンザのように打たなければ」

    2022.01.13 09:07
    뉴스 메뉴 보기
    医療陣が市民に接種するファイザー製ワクチンを慎重に準備している。フリーランサー キム・ソンテ
    TOP