주요 기사 바로가기

【コラム】国民を軽視する3流政治の終着駅=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.10 14:36
0
国民は文在寅(ムン・ジェイン)大統領にだまされた。彼は弾劾された前任者と同じく意思疎通をしなかった。文在寅を選択したことで我々は巨大な機会費用を支払った。鋭くて有能な指導者が5年間の責任を負っていれば、21世紀の大きな祝福となっていただろう。

古い書架の隅にある時代に合わない運動圏の書籍の剥製化した理論、生硬な理念が宮廷帝王的大統領の精神世界を支配した。現実を忘却した指導者の自閉的な世界観は時代との不和を意味する。経済力と技術力、国防力が同時に世界10位以内に入り、Kコンテンツが世界を揺るがした先進国だが、この国は飛翔できない。新型コロナ拡大を口実で広場を封鎖していなければ、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)に向かって怒りの声を出していたはずだ。

長く弾圧を受けたためか。政権を握ったものの依然として「敵に包囲された要塞に閉じ込められている」という進歩の強迫は消えなかった。話者が自分側でなければ正しい声にも耳をふさいだ。過去の政権の人たちは「積弊」にして追い出した。統合と協力政治を要求した民心と何度も衝突した。脱線した所得主導成長と非現実的な脱原発、人間の所有欲を罪悪視した不動産政策は「F」単位だ。北朝鮮との終戦宣言に無理にオールインした。中国に傾いて米国・日本との関係を後退させた外交安保政策も失望させる。任期末に計画的な報恩人事までした。必ずしもそうしなければならなかったのか。

ナチス党員だったキリスト教民主同盟のキージンガーがナチスに抵抗した社民党のブラントに手を差し出した場面を振り返る。2人は生きてきた道も考えも違った。しかし1966年、ドイツ最初の連立政権で左右統合を実現させた。首相と副首相兼外相として呼吸を合わせながら民主主義を新しい次元に成熟させた。統合を拒否した文在寅政権とは違った。

このため多くの人々は政権交代で民心が天心になる時代が開かれることを熱望した。しかし期待した野党は民心を読めず、準備ができていなかった。進歩政権の時代錯誤を正す保守の価値を提示できなかった。分断した反共国家という傾いたグラウンドで「お前は赤か」という一言で進歩を制圧して権力を維持した似而非保守の惰性が足かせとなった。怠けた無賃乗車者(free ride)は一度くらい死んで生まれ変わらなければ新しい時代を開けない。「包囲された要塞論」を経典として命がけで戦いながら自らの陣営の不条理と悪行に目を閉じる似而非進歩の決起はそれで強力だ。

欧州の魂を動かしたドイツ保守政党の先駆的な変身を我々は期待できないのだろうか。第2次世界大戦後初めて「社会的市場経済」を提示した政党は進歩の社民党でなく保守のキリスト教民主同盟だった。初代首相のアデナウアーと経済相のエアハルトが決断した。自由主義的な市場経済を基本とするものの、進歩の核心価値である社会連帯と統合を取り入れた。貧富の差を緩和するための最小限の国家介入と調整を許容したのだ。すると、進歩の社民党も労働者階級の政党から脱して社会的市場経済を受け入れた。その後、ほとんどの欧州国家、そして韓国も受け入れた(金滉植元首相『ドイツの力、ドイツの首相1』)。 【コラム】国民を軽視する3流政治の終着駅=韓国(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP