주요 기사 바로가기

退社した元職場に「核爆弾」…元特許役員の訴訟攻撃にサムスン衝撃

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.10 09:07
0
サムスン電子が元知的財産権(IP)担当役員からスマートフォンの音声認識技術関連で訴訟を起こされた。

9日の業界によると、アン・スンホ元サムスン電子IPセンター長(副社長)はこのほど米テキサス東部地裁にサムスン電子とサムスン電子アメリカが10件の特許を故意に侵害したと主張し損害賠償請求訴訟を提起した。昨年6月に設立した特許法人シナジーIPを通じてだ。

アン元副社長はエンジニア出身の米国特許弁護士で、1997年からサムスン電子の特許業務を担当してきた。2010年にIPセンター長となり、2019年の退任まで全社のIP業務を率いた。2011年にアップルを相手取り訴訟戦を行う時も彼が陣頭指揮し、グーグルとのクロスライセンス契約も主導した。

今回の訴訟の共同原告には、議論となる特許の所有権を持つ米デラウェアの企業も名前を上げており、アン元副社長が設立したシナジーIPはこの企業から訴訟と関連した権限を委任されたとみられる。

彼らが無断侵害されたと主張する特許は「オールウェイズオンヘッドウェアレコーディングシステム」「オーディオ録音用装置」など10件だ。主に無線イヤホンと音声認識関連技術で、サムスン電子「ギャラクシーS20」シリーズなどに搭載されたという。

業界では今回の訴訟規模が数百億ウォン台に達すると推定している。サムスン電子は今回の訴訟に対して「公式な立場はない」として言葉を控えているが、内部的にはIP業務を総括した役員の突然の攻撃に大きな衝撃を受けた様子だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    退社した元職場に「核爆弾」…元特許役員の訴訟攻撃にサムスン衝撃

    2022.01.10 09:07
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子
    TOP