주요 기사 바로가기

北朝鮮、山中の洞窟基地に戦闘機隠す…地下滑走路も運用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2022.01.10 08:22
0
北朝鮮の戦闘機は山に向かう。衛星写真(グーグルアース)が見せる北朝鮮の姿だ。これによると、北朝鮮の空軍基地は山の中に建設されたり、滑走路の誘導路を通じて山の中につながる。例外は平壌(ピョンヤン)近隣の順安(スンナン)飛行場と元山(ウォンサン)の海辺にある葛麻(カルマ)飛行場ほどだ。北朝鮮が中国との貿易を対応して防疫施設を設置している平安北道義州(ウィジュ)飛行場も誘導路で山につながる。

黄海南道の苔灘(テタン)基地の場合、山の間に東西に滑走路が設置されていて、滑走路の周辺の山の両側に航空機の出入口がある。北朝鮮が意図的に山の中に飛行場を建設したことが分かる。交通専門家のアン・ビョンミン韓半島平和協力院長は「航空機は離着陸時に風の影響を大きく受けるうえ、万が一の状況に対応するためにほとんどは広い場所に空港を建設するのが一般的」とし「空港の周辺に山がある場合、突風が発生し、安全に深刻な脅威になることもある」と話した。

しかし北朝鮮はこうした離着陸の危険にもかかわらず、山の中に基地を建設している。アン院長は「北は航空機の安全よりも隠匿と生存性を重視して基地を建設した」と説明した。

北朝鮮の空軍機が滑走路の隣でなく洞窟基地の入口に並んでいるのも同じ脈絡だ。元空軍関係者は「北は韓国戦争(朝鮮戦争)当時に空軍力を完全に喪失し、国連軍の空襲に無防備状態だった」とし「こうした経験から航空機を保護するために山の地下に格納施設を建設した」と述べた。また、山の中に戦闘機が並んでいるのは湿気を防ぐためだ。この関係者は「地下は湿気が多いため、随時、航空機を外側に移したりする」と説明した。

北朝鮮の空軍基地にイグルーなど整備施設などがほとんど見られず、滑走路だけがあるのも「洞窟」に施設を置いているからだ。しかしこうした「洞窟防護戦略」も限界を迎えている。ミサイルの精密度が高まったうえ地下施設まで突き抜けるバンカーバスターが開発され、北朝鮮の洞窟基地の効用性は以前ほどではないという見方が出ている。

◆地下から出撃の北朝鮮戦闘機

北朝鮮の空軍基地には韓国にない施設もある。地下滑走路だ。東海岸の元山葛麻飛行場から南西側に9キロほど離れているところが代表的な基地だ。基地近隣にある山の地下の格納施設の航空機が滑走路に移動して出撃する形ではなく、地下から連結した滑走路を利用してすぐに離陸できる施設だ。西側の南浦(ナムポ)近くの温泉飛行場から東に3.8キロ離れたところにも似た施設があるが、ここは洞窟基地を中心に3つの滑走路を設置した。北朝鮮は東と西にそれぞれ一つずつ地下滑走路を建設したということだ。

◆滑走路の隣に民家も

韓国軍は空軍基地を選定する際、作戦性能と空域、障害物、気象を重要視する。こうした気象・地形要因ほど敏感なのが騒音や開発計画などだ。住民の暮らしと直結しているからだ。半面、北朝鮮の空軍基地には住民に対する「嘆願要因」がない。咸鏡南道長津郡の長津(チャンジン)基地の滑走路は民家から直線距離で450キロしか離れていない。

温泉基地も滑走路の端と民家の距離が1キロにもならない。匿名を求めた脱北者は「温泉や長津には滑走路を建設するほどの場所もあるが、それでも民家に隣接して滑走路を建設したのは、誤爆による民間人の被害を懸念する韓国や米軍の攻撃をためらわせるため」と話した。民間人の生活の質より担保レベルということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    北朝鮮、山中の洞窟基地に戦闘機隠す…地下滑走路も運用

    2022.01.10 08:22
    뉴스 메뉴 보기
    黄海南道苔灘郡の北朝鮮の苔灘(テタン)飛行場(空軍基地)。北朝鮮は外部の攻撃を遮断するため山の中に東西に滑走路を建設し、滑走路付近の山の地下に格納施設を置いている。山の地下の格納施設の両側に出入口がある。 [写真=グーグルアース]
    TOP