주요 기사 바로가기

韓国大統領選挙の構図揺さぶる機会うかがう北朝鮮、候補の支持率により戦略変更か(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2022.01.09 10:04
0
世宗(セジョン)研究所のチョン・ソンジャン北朝鮮研究センター長は「これまでのところは北朝鮮が既存の沈黙モードから抜け出し終戦宣言や米国との対話に呼応する可能性は小さく見える。だが依然として変数が存在するだけに大統領選挙終盤まで推移を見守り続けなければならないだろう」と話した。

◇長くなる北朝鮮の「戦略的沈黙」=北朝鮮は昨年12月27~31日に朝鮮労働党全員会議を開いた後、対外関係に対する結論を1日に公開した。当初予想とは違い異例に短く原則論的なメッセージだった。「多事にわたる変化の多い国際政治情勢と周辺環境に対処して北南関係と対外活動部門で堅持すべき原則的問題と一連の戦術的方向を提示した」と明らかにしただけで、多くの具体的な言及はなかった。

実際に北朝鮮は昨年9月の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の最高人民会議での施政演説後、対米・対南問題で進展した姿を見せていない。当時金委員長は終戦宣言に対しても「二重的な態度と敵対視政策から撤回されなければならない」として韓米両国の前向きな措置を要求した。

高麗(コリョ)大学のナム・ソンウク教授は「労働党全員会議で議論された戦術的方向は当分南北または米朝関係で先制的歩みに出る代わりに韓米の今後の行動を見守った後対応するという意味と読み取れる。そのため北朝鮮の立場でも韓国の大統領選挙は重要な関心事にならざるをえないだろう」と分析した。

◇北朝鮮メッセージいつ出るか=見通しは交錯する。大統領選挙前に北朝鮮がどのような形であれ対南メッセージを発信するだろうという予測もあり、これに対し当分「静中動」の歩みを継続するだろうという分析も出ている。もし北朝鮮が対外的に意味あるメッセージを出すならば来月になる可能性が大きい。来月16日は金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の80回目の誕生日(光明星節)で、それに先立ち来月6日には最高人民会議が開かれる。

北朝鮮は光明星節75周年を控えた2017年2月12日に「北極星2号」を試験発射した。したがって今回も潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)など新型兵器を公開する可能性は十分というのが専門家らの分析だ。北朝鮮はすでに5日に弾道ミサイルを東海上に発射し新年最初の武力示威に出た状態だ。

これに対し新型コロナウイルス遮断と経済難克服が当面の課題であるだけに対外メッセージを出す余力はないだろうという見通しも少なくない。一部では保守政権を望まない金委員長は大統領選挙を控えあえて挑発を敢行しはしないだろうという観測も出している。北京五輪を前後して韓半島(朝鮮半島)の緊張高揚を望まない中国の立場も変数に挙げられる。ナム教授は「大統領候補の支持率推移により対話メッセージを出すのか、武力示威のレベルを高めるのかなど土壇場で北朝鮮の対南戦略も変わるかもしれない」と予想する。 韓国大統領選挙の構図揺さぶる機会うかがう北朝鮮、候補の支持率により戦略変更か(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP