주요 기사 바로가기

中国「韓国から流入した感染者増加」…韓国発搭乗前にPCR検査2回増加

ⓒ 中央日報日本語版2022.01.07 14:37
0
中国政府が「韓国から中国に流入する新型コロナ事例が増加している」として韓国発入国者に対する防疫基準を強化した。

駐韓中国大使館は6日夕方、お知らせを通じて「中国内最新の要求基準により韓国発中国行き旅客機の搭乗前に新型コロナのPCR検査回数を既存1回から2回に増やす」と明らかにした。このような措置は1月17日0時から直ちに施行されると大使館は明らかにした。

駐韓中国大使館側は「近ごろ、全世界で新型コロナ発生状況が厳重で、韓国から中国に流入する確診事例が増加している」と主張した。

これに先立って、中国政府は先月17日仁川(インチョン)空港から出発して中国遼寧瀋陽に到着した大韓航空の乗客(中国国籍)が感染判定を受けたとし、大韓航空に「一部路線の運航中止」という一方的なペナルティを課したことがある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP